石川県政記念しいのき迎賓館

石川県政記念しいのき迎賓館

PR

石川県政記念しいのき迎賓館へのアクセスマップ

地図左下のGoogleのロゴをクリックすると大きな地図(または地図アプリ)で表示

最寄り駅【駅出口】からのアクセス

Yahoo!地図情報より

野町[出口](22分) 金沢[東口](29分) 北鉄金沢[出口](29分)

石川県政記念しいのき迎賓館のデータ/概要

竣工年:1924年
高さ:3階
延べ床面積:4802.62u(本館)
建築主:石川県
設計:矢橋賢吉
施工:日本土木
所在地:石川県金沢市広坂2丁目1-1

1924年に完成した石川県の2代目県庁舎。 金沢市役所や金沢21世紀美術館などがある市中心部の広坂地区に位置している。 2003年に県庁舎としての役割を終え、2010年にしいのき迎賓館として再開館した。

再整備は山下設計が設計を担当。正面は歴史的景観を残す一方、金沢城や兼六園に面した北側を全面ガラス張りにリニューアルした。 レストランや会議室、イベントホール、セレクトショップ、大学コンソーシアムなどが入る。

元の設計者は国会議事堂などを手がけた矢橋賢吉。千葉県、福井県、岐阜県など各地で県庁舎を設計した。

  • 石川県政記念しいのき迎賓館2
    2.
  • 石川県政記念しいのき迎賓館3
    3.
  • 石川県政記念しいのき迎賓館4
    4.
    • 写真2正面玄関
    • 写真4北面。敷地は中央公園と一体化した
  • 石川県政記念しいのき迎賓館5
    5.
  • 石川県政記念しいのき迎賓館6
    6.
  • 石川県政記念しいのき迎賓館7
    7.
    • 写真6玄関脇にある堂形のシイノキ。建物名称の由来となった





あわせて読みたい





◆写真の使用条件について
(c)2006-2017 bb-building.net