旧・安川邸 洋館

旧・安川邸 洋館

PR

旧・安川邸 洋館へのアクセスマップ

地図左下のGoogleのロゴをクリックすると大きな地図(または地図アプリ)で表示

最寄り駅【駅出口】からのアクセス

Yahoo!地図情報より

九州工大前(23分) 戸畑(28分) 戸畑港(34分)

旧・安川邸 洋館のデータ/概要

竣工年:1926年
高さ:2階
所在地:福岡県北九州市戸畑区一枝1丁目4-23

安川財閥の創始者である安川敬一郎らが住んだ旧邸宅。 大正15年、夜宮公園内の広大な敷地一角に完成した。 和館(大座敷・本邸)に隣接して立っている。

安川財閥は筑豊地域を中心に炭鉱、紡績、製鉄、電機事業などを展開した地方財閥。 その流れをくむ安川電機は世界的な産業ロボットメーカーとして存続している。

現在残る洋館は明治末期の初代を取り壊して建設された2代目。 北九州市は旧安川邸を観光拠点として整備することを決定したが「洋館」「別館」は活用せずに解体する方針を示している。

なお、当初は本邸も洋館とする計画で、設計は隣接する松本邸(重要文化財)と同じく辰野金吾となるはずだった。

    • 写真1木々に埋もれるように立つ

Twitterでは更新情報・未公開写真などを掲載

あわせて読みたい





旅と建築ブログ〜tabiken〜



◆写真の使用条件について
(c)2006-2017 bb-building.net