大阪周遊パスのすすめ 〜体験記〜

大阪の観光地をお得にまわろう!

大阪周遊パス
4月1日から大阪周遊パス2010年度春夏版が販売されます。
梅田スカイビル空中庭園展望台や大阪城天守閣など大阪市内の観光施設26ヶ所が無料、海遊館など 11ヶ所が割引価格で利用でき、市営地下鉄なども乗り放題、 それを2200円〜2500円という格安価格で購入できる大阪観光に利用しない手はないというほど お得度の高いものです。 (2010年度版からは新たにHEPの大観覧車と大阪企業家ミュージアムも無料に!)
そんな2010年度版発売を記念して(?)私の大阪周遊パス2008年度秋冬版体験記を綴ってみました。 利用日:2009年2月末

◆自宅


◆大阪城

(9:20登城)
大阪城 大阪城

料金:600円
まず、訪れたのは大阪城天守閣。他の施設が10時からしか開いてないのにココは9時から。 時間との戦いになるサバイバルな1日なのでこのアドバンテージは大事。 と思いつつの痛恨の20分遅刻。大阪城西の丸庭園からスタートのはずが最初から予定が狂ってしまいました 。
写真:(左)大阪城天守閣最上階からOBP(右)天守閣の高さは天守台も含めて54.8m





◆アクアライナー

(10:00乗船)
アクアライナー アクアライナー2

料金:1700円
大して空気の透明度の高くない日に慌てて大阪周遊パスを使ったのはアクアライナーが目的でした。 3〜11月は10%の割引特典が受けられるだけですが冬季だけ無料になります。
期待に胸を膨らましての乗船でしたが残念ながら満足度は低かった。屋根がなぁ…。 雰囲気を味わうだけなら淀屋橋港で降りるくらいが丁度よいと思います
写真:(左)アクアライナーとクリスタルタワー (右)中之島の東端部 剣先





◆大阪城西の丸庭園

(11:15入園)
大阪城西の丸庭園

料金:200円
春になるとお花見客でごった返す大阪城西の丸庭園もこの時期はほぼ貸切状態!
だだっぴろい庭園かと思いきや大阪迎賓館や豊松庵とか意外に見る建物もあったりして 予定以上の長滞在になりました。 芝生で寝っころがりたくなる季節にまた来てみたい
写真:大阪城天守閣とOBP





◆大阪歴史博物館

(12:15入館)
大阪歴史博物館 大阪歴史博物館2

料金:600円
大阪の古代から現代までの歴史を学べる施設です。
立ち寄るつもりじゃ無かったけれど最初の遅刻がひびいて計画変更。
期待以上の展示に結構まじめに鑑賞してしまいました。 特に「中近世フロア」の堀をゆく船の目線からの大坂めぐりに「おぉ〜」とうならされる。
写真:(左)上層階から見える大阪城 (右)展示フロアは7〜10Fと地下1F



◆通天閣

(13:15到着)
通天閣 通天閣2

料金:600円
誤算。まさか通天閣入場に30分も並ばされることになろうとは。 しばらく来ないうちに新世界のゴテゴテ具合が更に凄くなっており、 それに伴って観光客も増加しているようです。
通天閣と天王寺動物園との共通割引券みたいなのが無いかなぁと探したことから大阪周遊パスを知りました
写真:(左) 串カツ屋が並ぶ新世界。すっかり観光地だ(右)通天閣からの眺望





◆天王寺動物園

(14:15入園)
天王寺動物園

料金:500円
お目当ての動物はオランウータンとサイでしたが、この日の主役はカバでした。
通天閣での行列のせいで時間がなく常に小走り。オランウータンが元気が無かったのも幸い(?)して わずか15分ほどで園内を見て回りました。市立美術館の予定はキャンセル
写真:思わず一眼レフを取り出してました。動物を撮影したのは多分はじめて



◆サンタマリア

(15:00乗船)
サンタマリア
サンタマリア2

料金:1600円
大阪湾内をクルージング。都市としての大阪に興味を持ってからは初めてなので今までとは違った目線で楽しめました。 海からの梅田ビル群、ガントリークレーンやコンテナ船など満足度はこの日一番高かったです。
しかし、まさかサンタマリアに一人で乗る日が来ようとは…。
写真:(上)コロンブスが乗船したサンタマリア号は更に小型だったとか (下)咲洲のコンテナバース






◆なにわの海の時空館

(16:20入館)
なにわの海の時空館 なにわの海の時空館

料金:600円
サンタマリア降船後、大阪港駅まで走り、1駅乗って、コスモスクエア駅からまた走り。 なにわの海の時空館に入館したのは締め切り10分前でした。 米俵の重さ体験(60kg!)で腰を痛め、古い観測機器で座標を割り出す方法に感嘆の声をあげ、交易品だった 胡椒などの香辛料を味見してドラクエ3や大航海時代を思い出す。わずか30分ほどでしたが濃密な時間を過ごせました。(後日、再訪問)
写真:(左) ガラスのドーム (右)江戸時代、隆盛を誇った大坂の港の模型





◆WTCコスモタワー展望台

(17:20入場)
WTCコスモタワー展望台

料金:800円
ココは裏技(あまり大きな声では言えませんが…)があるので展望フロアに来るのは初めて。 予想外に多くの人で賑わっていて驚きました。曇り空で 大阪湾に沈む夕日を拝めなかったのが残念。もう急ぐ必要はないので街に明かりが灯るまでボーッとしてました
写真:展望フロアから見た大阪湾岸。視界不良のため梅田方面は撮影せず



◆梅田スカイビル空中庭園展望台

(19:30入場)
梅田スカイビル空中庭園展望台

料金:700円
怒涛のような一日の締めはやはりココ。夜景を見ながらお疲れさま
写真:撮影目的じゃなかったので携帯写真でご容赦を



◆帰宅


さてさて、お待ちかねの料金計算!
まずは施設料金は…
600円+1700円+200円+600円+600円+500円+1600円+600円+800円+700円=
7900円!

さらに電車料金2280円をプラスすると…

10180円!
大阪周遊パス(近鉄拡大版)の料金が2500円ですからなんと…

7680円!もお得でした!

一日を振り返って
ちょっと駆け足すぎたのが反省点です。
ただ、ホントにこのパス料金だけでイイの?と思ってしまうほどの無料対象施設の充実度。 大阪観光必携パスといっても過言ではないでしょう。
この日は10施設を回りましたが余裕をもって見るためには大体6〜8施設くらいが適正だと思います。

また、大阪周遊パスには期間中ならいつでも使える小川航空のヘリコプター搭乗料金割引がついています。 いつかこのパスを使って空中遊覧を!