USJの年間入場者数の推移

開園から2014年度まで


ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)の入場者数は開業年度の1102万人をピークに、およそ800万人台で推移していました。

再び勢いが出始めたのは2011年頃から。イベントの開催や人気アトラクションの導入によって2012年8月には単月の入場者数が8年ぶりに100万人を突破。 その後も増加傾向が続き、2013年度には開業年度以来の1000万人超に!そしてハリーポッターエリアが開設された2014年度には過去最高の1270万人を記録しました。

2001年度 1102.9万人

2002年度 763.7万人

2003年度 988.9万人

2004年度 810.0万人

2005年度 831.4万人

2006年度 869.8万人

2007年度 864.0万人

2008年度 813.8万人

2009年度 750万人

2010年度 750万人

2011年度 880万人

2012年度 975万人

2013年度 1050万人

2014年度 1270万人

2015年度 1390万人



国内ではどうしても東京ディズニーリゾートが比較対象になり、USJは入場者数が少ないと思われがち。 しかし、USJの入場者数はアメリカのハリウッドとフロリダにあるユニバーサル・スタジオの入場者数を遥かに上回っています。 世界の全てのテーマパークの中でも10位以内に入る一大テーマパークなのです。
※数字は運営企業の開示資料より。非上場となった2009年以降は新聞などの各種資料から



関連コンテンツ
■ いざ魔法界へ!USJのハリーポッターエリアに行ってきました

■ USJ ハリポタエリアが出来るまで