続々と!淀屋橋エリアで再開発・建て替えが相次ぐ

大阪都心部では梅田へのオフィス集約がすすんでいますが、淀屋橋とその周辺エリアでも老朽化ビルの建て替え事業などが秘かに盛んです。 その代表的なものをご紹介します。
※写真は主に2012年11月から2013年1月の撮影です



田辺三菱製薬新本社建設プロジェクト


田辺三菱製薬が道修町に戻ってきます。
旧本社ビルを解体して、地上14階建て、延べ床面積16795.15m2の新本社ビルを建設します。2015年1月竣工予定。
田辺三菱製薬は2009年、道修町などに分散していたオフィスを北浜の淀屋橋スクエアに移転していました。

また、本社集約にともなって閉鎖された平野町2号ビルと、淡路町ビルはサンキョウホームに売却されており、解体作業が始まっています。


解体がすすむ旧本社


在りし日の旧本社



伏見町4丁目ビルPJ

伏見町4丁目ビルPJ

大阪ガスビルの裏側あたりで計画中。積水ハウスが事業主です。
阪和興業本社が移転して空きビルとなった阪和ビルと、その隣の駐車場を一体的に開発します。 地上14階建て、延べ床16929.65m2。
裏通りのオフィスビルでこの規模は嬉しいですね。2015年4月竣工予定。

また、この敷地の北側では新伏見町ビルの建て替え事業も進行中です。

伏見町4丁目ビルPJ
伏見町4丁目ビルPJ立面図

新伏見町ビル建て替え工事


淀屋橋東京海上日動ビル建て替え工事


長らく閉鎖されていた淀屋橋東京海上日動ビルの建て替え事業。
三菱地所によって地上14階建てのビルが建設されます。淀屋橋の一等地に空きビルがあるのは 見栄えのよいものではなかったので再開発は嬉しいです。旧ビルの解体はすでに完了しています。
2014年6月竣工予定


立面図。
上層階は御堂筋側からセットバックします

旧・淀屋橋東京海上日動ビル


日本生命保険本店新東館


御堂筋沿いの本店本館を上回る延べ床面積60449.86m2の規模。
周辺のビルに分散しているオフィスを本店本館・南館・新東館に集約します。2015年1月竣工予定


解体が終わっています。
小さなクリスマスイルミネーション

旧・日本生命本店東館


淀屋橋ミッドキューブ


住友信託銀行本店南館跡地に建設される地上10階建てのオフィスビル。 2013年12月竣工予定


建物はすでに解体されています。

在りし日の住友信託銀行本店南館


グランサンクタス淀屋橋


(仮称)淀屋橋プロジェクトとして建設中の分譲マンション。
旧大阪農工銀行本店の外壁を残し、低層部分を店舗、中高層部分を住宅にします。 文化財級の建物がこんなにあっさりと失われるものかと驚いた物件です。
管理していた八木通商は、同社HPでこの建物を引き合いに出して、近代建築を保存する意義を謳っていました。それを知っていただけに失望も大きかったです。


旧・大阪農工銀行本店


プレサンスタワー北浜


堺筋を越えてしまいますが一応ご紹介。地上20階建て、戸数150戸の分譲タワーマンション。
シティタワー大阪とThe Kitahamaの中間辺り、平野町1丁目に建設されます。事業主はプレサンスコーポレーションで2014年3月竣工予定


建設地。後ろにシティタワー大阪が見えます


あと、小さい物件ではファンシーグッズのクーリアが新本社ビル、日本圧着端子製造(本社:城東区)が何かのビルを建設中。武田薬品工業の旧本社である武田道修町ビルも改修中で、敷地には新たに南館(規模不明)がたちます。 淡路町では、住友商事と三菱地所レジデンスが35階建てのタワーマンションを計画しています。

北浜の東側では、大阪証券会館の解体がほぼ完了、日経今橋ビル日経高麗橋ビルの再開発計画もあります。 大阪大林ビル隣の超高層マンション「パークタワー北浜」にはタワークレーンが建っていました。







Twitter(@bbbuilding100)