梅田1丁目1番地計画

梅田1丁目1番地計画

PR

梅田1丁目1番地計画へのアクセスマップ

地図左下のGoogleのロゴをクリックすると大きな地図(または地図アプリ)で表示

最寄り駅【駅出口】からのアクセス

Yahoo!地図情報より

梅田(阪神線)[阪神航空口](0分) 梅田(大阪市営)[15(御堂筋線梅田駅)](1分) 東梅田[3(東梅田駅)](2分)

梅田1丁目1番地計画のデータ/概要

竣工年:2022年頃
高さ:38階 約190m
延べ床面積:260,000u
建築主:阪神電気鉄道・阪急電鉄
設計:日本設計
施工:竹中工務店
所在地:大阪府大阪市北区梅田1丁目1番

梅田にある阪神百貨店(大阪神ビル)の建て替えプロジェクト。
隣接する新阪急ビルと一体的に再開発し、高さ190mに超高層化する。2022年頃の完成を目指す。

フロア構成は、地下2階から地上9階が阪神百貨店、10階が機械室、11階から38階がオフィス

オフィスフロアは延べ床面積14万4000m2、基準階床面積約4500m2と関西最大級になる見込みだ。阪神百貨店は建て替え前と同規模の 売り場面積5.3万m2程度を確保する。容積率は異例の2000%まで緩和された(1000%ボーナス)

梅田1丁目1番地計画2
梅田阪急ビルオフィスタワーから見た建設地。
手前右が大阪神ビル。左が新阪急ビル

T期工事として、まず新阪急ビルと大阪神ビルの東側を解体。道路を跨ぐ中層ビルを新築して百貨店を移設。 その後、U期工事として大阪神ビルの残り部分を超高層ビルへと建て替え、T期部分と一体化する。

既存建物は2015年春頃から解体を開始する。T期棟オープンは2018年。U期棟竣工と阪神梅田本店グランドオープンは2021年秋頃を予定。全体の完成は2022年を見込んでいる。 阪神百貨店は売り場面積を縮小して営業を続ける。

関連
大阪神ビル(阪神百貨店)
新阪急ビル

  • 梅田1丁目1番地計画
    2.
  • 梅田1丁目1番地計画
    3.
  • 梅田1丁目1番地計画
    4.
    • 写真1完成予想図(環境影響評価準備書より)低層部分の屋上には広場が設けられる。
    • 写真2大阪神ビルと新阪急ビルの間には道路があるが、それを跨いでビルを空中で連結させる。
    • 写真3JR大阪駅の駅ビルより
    • 写真4左が阪急百貨店。2012年に超高層化が完了している
  • 梅田1丁目1番地計画
    5.
  • 梅田1丁目1番地計画
    6.
    • 写真5梅田の歩道橋からの景観予想図(環境影響評価準備書より)
    • 写真6北面、東面の立面図(同)

Twitterでは更新情報・未公開写真などを掲載

あわせて読みたい





旅と建築ブログ〜tabiken〜



◆写真の使用条件について
(c)2006-2017 bb-building.net