キーエンス本社ビル

キーエンス本社ビル

PR

キーエンス本社ビルへのアクセスマップ

地図左下のGoogleのロゴをクリックすると大きな地図(または地図アプリ)で表示

最寄り駅【駅出口】からのアクセス

Yahoo!地図情報より

1.南方(大阪府)[出口1](9分) 2.西中島南方[2](10分) 3.崇禅寺[出口2](11分)

キーエンス本社ビルのデータ/概要

竣工年:1994年
高さ:111m 21階
延べ床面積:21,633m2
建築主:キーエンス
設計:日建設計
施工:大林組
所在地:大阪府大阪市東淀川区東中島1-3-14

新大阪駅の南側、淀川の河川敷近くに立地するキーエンスの本社ビル。 同社は生産設備の測定・計測機器などを扱うセンサー専用メーカーで営業利益率5割超の高収益体質と社員年収ランキングの1位常連企業として知名度が高い。 そして激務でも知られる。

研究所機能も内包する本社ビルは吹き抜けのピロティを特徴とするスタイリッシュな外観で大阪都市景観建築賞会長賞、日本建築学会作品選集、国際構造工学会優秀構造賞、グッドデザイン賞など多数の建築賞を受賞した。

キーエンス本社ビル
「Key of Science」が社名の由来。メーカーであるが
自社工場を持たないファブレス経営とコンサルティング力の高い営業が高収益を生む。

キーエンスは1972年、滝崎武光氏によってリード電機として創業。 翌年には同社の基幹事業である工場自動化用の各種センサの製造販売を開始した。 商品ブランド名として使用していたキーエンスへと商号変更したのは1986年。大阪府吹田市、高槻市を経て1994年に現在地に本社・研究所を移転した。

2015年6月期決算の連結売上高は3340億円で経常利益1863億円。従業員約2000人(単体:平均年齢35.6才)の平均年間給与は1648万円になっている。

  • キーエンス本社ビル
    2.
  • キーエンス本社ビル
    3.
  • キーエンス本社ビル
    4.
    • 写真2直線と曲線を組み合わせた外観。敷地は緑化されている
    • 写真3淀川から新大阪方面。一番高く見えるのがキーエンス本社ビル
    • 写真4高さ20mのピロティとエントランスアプローチ
  • キーエンス本社ビル
    5.
  • キーエンス本社ビル
    6.
  • キーエンス本社ビル
    7.
    • 写真5水道記念館(休館中)ごしに見る
    • 写真6外側からビルを支える構造なので内部は無柱空間になっている。このビルに優秀構造賞を授与したIABSE(国際構造工学会)はスイス チューリッヒに本部を置く国際的機関で世界100カ国以上の企業・個人が加入する
    • 写真7淀川の河川敷。地域のランドマーク的存在になっている
  • キーエンス本社ビル
    8.
  • キーエンス本社ビル
    9.
  • キーエンス本社ビル
    10.
    • 写真8エレベーターが上下する様子も見られる
    • 写真9ビル上部の写真。高層階では淀川越しに梅田方面への眺望が広がる。
  • キーエンス本社ビル
    11.

Twitterでは更新情報・未公開写真などを掲載

あわせて読みたい





旅と建築ブログ〜tabiken〜



◆写真の使用条件について
(c)2006-2017 bb-building.net