ザ・パークハウス中之島タワー

ザ・パークハウス中之島タワー

PR

ザ・パークハウス中之島タワーへのアクセスマップ

地図左下のGoogleのロゴをクリックすると大きな地図(または地図アプリ)で表示

最寄り駅【駅出口】からのアクセス

Yahoo!地図情報より

中之島[1](2分) 新福島[3号出口](10分) 阿波座[9](12分)

ザ・パークハウス中之島タワーのデータ/概要

竣工年:2017年
高さ:55階 193m
延べ床面積:99400u
建築主:三菱地所レジデンス、住友商事、京阪電鉄不動産、アサヒプロパティズ
設計:竹中工務店
施工:竹中工務店
所在地:大阪府大阪市北区中之島6丁目

中之島西部エリアに計画されている地上55階、高さ193mの分譲タワーマンション。 免震構造マンションとしては日本最高階数で、The Kitahama(高さ209m)、クロスタワー大阪ベイ(高さ200m)に次いで大阪市で3番目に高いマンションとなる。 2017年10月完成。2018年2月の引渡を予定している。

キャッチフレーズは
「さあ、中之島へ。世界へ誇る水都、ここから。」


2016年5月時点の建設状況

建設地は京阪中之島線の終着駅である中之島駅から徒歩2分、大阪国際会議場(グランキューブ大阪)の西隣に広がる場所で敷地面積は6587m2。 長年にわたって三井倉庫が所有し駐車場として使われていた。2013年の売却後、タワーマンション計画が浮上した。 三菱地所レジデンス、住友商事、京阪電鉄不動産、アサヒプロパティズ(竹中工務店の関連会社)の4社によって開発される。

戸数は894戸。住戸面積は40.77m2から148.51m2で間取りは1LDKから3LDKを揃えた。 デザインコンセプトは「アクアプリズム」。中之島のアクアライン(水面)が重なり、空に向かって積み上げられた「ガラスの箱」をイメージしている。

2014年秋まで竹中工務店によって埋蔵文化財の発掘調査、地中埋設物の撤去工事が行われ、10月に着工した。 プロジェクト名称は「(仮称)大阪市北区中之島6丁目計画」で、正式名称には三菱地所レジデンスのマンションブランド「ザ・パークハウス」を採用した。

  • ザ・パークハウス中之島タワー
    2.
    • 写真1完成予想図(三菱地所レジデンスの発表資料より)マンション前に流れる土佐堀川沿いには遊歩道も整備されている
    • 写真2建築計画のお知らせにある立面図




Twitterでは更新情報や
未公開写真なども掲載しています


あわせて読みたい




◆写真の使用条件について
(c)2006-2017 bb-building.net