オービック御堂筋ビル

オービック御堂筋ビル

PR

オービック御堂筋ビルへのアクセスマップ

地図左下のGoogleのロゴをクリックすると大きな地図(または地図アプリ)で表示

最寄り駅【駅出口】からのアクセス

Yahoo!地図情報より

淀屋橋[13(市営地下鉄淀屋橋駅)](3分) 本町[2](3分) 淀屋橋[9(市営地下鉄淀屋橋駅)](5分)

オービック御堂筋ビルのデータ/概要

竣工年:2020年
高さ:25階 116.35m
延べ床面積:55,533.82u
建築主:オービック
設計:鹿島建設
施工:鹿島建設
所在地:大阪府大阪市中央区平野町4丁目

システムインテグレーターのオービックが開発する御堂筋沿いの超高層ビル。 低層階は主に賃貸オフィスと店舗、高層階はロイヤルパークホテルズアンドリゾーツによるフラッグシップホテル(客室数352)が入る。 2020年1月の完成を予定している。

フロア構成
地下:駐車場
1階:店舗
2階:ホール・会議室
3階〜13階:事務所
14階:機械室
15階〜25階:ホテル客室

建設地は淀屋橋と本町の中間付近にあり北側街区には大阪ガスビルが立っている。 敷地面積は3924m2で長期にわたって駐車場として利用されていた。

オービック御堂筋ビル
大阪ガスビル屋上から見た建設地

2014年、御堂筋沿いにあった高さと容積率規制が緩和。 ビルをセットバックさせることで高さ100mを超える超高層ビル計画が実現した。開発名称は「(仮称)御堂筋平野町計画」

オービック(旧・大阪ビジネス)は昭和43年、事務機器等の輸出入及び国内販売を目的として大阪市西区阿波座に設立。 システムインテグレーション、システムサポートなどに事業を拡大。統合業務ソフトウェアの「OBIC」を販売している。

平成7年から御堂筋グランタワー(旧エプソン大阪ビル)に大阪本社を構える。 オービック御堂筋ビルには大阪事業所を設ける見込み。 ※本店は平成8年に東京移転 東京本社ビル

  • オービック御堂筋ビル
    2.
  • オービック御堂筋ビル
    3.
  • オービック御堂筋ビル
    4.
    • 写真1完成予想図(オービックの発表資料より)
    • 写真2建設地と御堂筋
    • 写真3奥のビルが大阪ガスビル
    • 写真4東側立面図




Twitterでは更新情報や
未公開写真なども掲載しています


あわせて読みたい




◆写真の使用条件について
(c)2006-2017 bb-building.net