アプローズタワー

アプローズタワー

PR

アプローズタワーへのアクセスマップ

地図左下のGoogleのロゴをクリックすると大きな地図(または地図アプリ)で表示

最寄り駅【駅出口】からのアクセス

Yahoo!地図情報より

1.中津(大阪市営)[4](6分) 2.梅田(阪急線)[フェイスティブコート口](7分) 3.中津(大阪府・阪急線)[出口2](8分)

アプローズタワーのデータ/概要

竣工年:1992年
高さ:161.10m 34階
延べ床面積:96,586m2
建築主:阪急不動産・コマ・スタジアム
設計:竹中工務店
施工:竹中工務店
所在地:大阪府大阪市北区茶屋町19−19

阪急グループの施設が集積する茶屋町エリアに立つ超高層ランドマークタワー。 ビル正式名称は阪急茶屋町ビルディング。 低層階は梅田芸術劇場と店舗、中層階はオフィス。高層階はホテル阪急インターナショナルの客室として機能する。

アプローズタワー
頂部のライトアップ

ホテル阪急インターナショナルは阪急阪神ホテルズが運営するフラッグシップホテル。 客室数は168室でそのうち23室がスイートルーム。 25階はスカイレストランフロアでカクテルラウンジ「ソラメンテ」と日本料理「吉兆」がある。

オフィスフロアには高砂熱学工業大阪支店や出光興産関西支店などが入居している。 建築的な評価も高く、第35回BCS賞、第14回大阪まちなみ賞市長賞などを受賞している。

  • アプローズタワー
    2.
  • アプローズタワー
    3.
  • アプローズタワー
    4.
    • 写真1空撮
    • 写真2HEPの観覧車から見る茶屋町エリアの風景
    • 写真4ガレリア
  • アプローズタワー
    5.
  • アプローズタワー
    6.
  • アプローズタワー
    7.
    • 写真5梅田芸術劇場(旧梅田コマ)を併設する
    • 写真6機能によって外観が異なる。上層階のホテル阪急インターナショナルは世界的ホテル紙で日本のホテルで初めて最高級ランクの称号を受けた事もある


あわせて読みたい





旅と建築ブログ〜tabiken〜


Twitter(@bbbuilding100)では
建物関連情報を幅広く発信中



◆写真の使用条件について
(c)2006-2017 bb-building.net