京都大学iPS細胞研究所 第1研究棟

京都大学iPS細胞研究所 第1研究棟

PR

京都大学iPS細胞研究所 第1研究棟へのアクセスマップ

地図左下のGoogleのロゴをクリックすると大きな地図(または地図アプリ)で表示

最寄り駅【駅出口】からのアクセス

Yahoo!地図情報より

神宮丸太町[5](7分) 三条(京都府)[11(京阪)](18分) 京都市役所前[2](20分)

京都大学iPS細胞研究所 第1研究棟のデータ/概要

竣工年:2010年
高さ:5階
延べ床面積:11,942.93u
建築主:京都大学
設計:大木建設
施工:京都大学環境施設部
所在地:京都府京都市左京区聖護院川原町53

iPS細胞研究に特化した専門施設。京都大学吉田キャンパス内に2010年に完成した。施設通称はCiRA(サイラ:Center for iPS Cell Research and Applicationの頭文字)

所長は2012年、iPS細胞の研究開発でノーベル生理学・医学賞を受賞した山中伸弥教授。 建設費用は文部科学省などから拠出された46.8億円。

1階がエントランスホール、講堂、ギャラリー(一般も見学可能)。3階、4階、5階が研究者のオフィスや細胞培養室、実験スペースで交流促進のためにオープンラボ形式を採用した

施設で働く研究員などの人数は当初は約120名。2013年8月には研究分野の拡大などにより約270名まで増員している。 2015年と2016年には第2・第3の研究棟が完成予定

iPS細胞
様々な組織や臓器の細胞に分化する能力とほぼ無限に増殖する能力をもつ人口多能性幹細胞 (induced pluripotent stem cell:iPS細胞)のこと

iPS細胞研究所の理念
■世界初のiPS細胞に特化した先駆的な中核研究機関としての役割を果たす。
■iPS細胞の可能性を追求し、基礎研究に留まらず応用研究まで推進することにより、再生医療の実現に貢献する。
■再生医科学研究所、物質―細胞統合システム拠点(iCeMS)、医学研究科、医学部附属病院と密接に連携しな がら、共同研究の奨励と若手研究者の交流・育成に努める。

  • 京都大学iPS細胞研究所 第1研究棟2
    2.
  • 京都大学iPS細胞研究所 第1研究棟3
    3.
  • 京都大学iPS細胞研究所 第1研究棟4
    4.
    • 写真2エントランス
  • 京都大学iPS細胞研究所 第1研究棟5
    5.
  • 京都大学iPS細胞研究所 第1研究棟6
    6.
  • 京都大学iPS細胞研究所 第1研究棟7
    7.
    • 写真5開所記念の植樹
    • 写真7研究棟全景
  • 京都大学iPS細胞研究所 第1研究棟8
    8.
    • 写真8裏手に第2研究棟が建設される





あわせて読みたい






◆写真の使用条件について
(c)2006-2017 bb-building.net