奈良県知事公舎

奈良県知事公舎

PR

奈良県知事公舎へのアクセスマップ

地図左下のGoogleのロゴをクリックすると大きな地図(または地図アプリ)で表示

最寄り駅【駅出口】からのアクセス

Yahoo!地図情報より

近鉄奈良(9分) 奈良(23分) 京終(28分

奈良県知事公舎のデータ/概要

竣工年:1922年
高さ:1階
延べ床面積:671.48u
所在地:奈良県奈良市登大路町62

木造平屋建ての奈良県知事の宿舎。1922年の完成。奈良県庁舎から国道を挟んで東側の立地で興福寺五重塔や東大寺大仏殿の徒歩圏内にある。

現在も残る応接間「御認証の間」は1976年、昭和天皇が宿泊した際にサンフランシスコ講和条約、日米安全保障条約の批准書に署名した場所として知られる。

2016年、奈良県は知事公舎、副知事公舎、吉城園などがある付近一帯3.2ヘクタールをホテル用地として貸し出す方針を発表。 超高級外資系ホテルの進出が見込まれている。知事公舎の外観および御認証の間は保存される。

星野リゾートにマリオット…奈良に高級ホテルが続々進出へ!監獄ホテルも誕生?

  • 奈良県知事公舎2
    2.
  • 奈良県知事公舎3
    3.
  • 奈良県知事公舎4
    4.
    • 写真2中央手前あたりが知事公舎の敷地(奈良県庁屋上より)奥には山焼きで知られる若草山が見える
    • 写真3県庁東交差点
    • 写真4敷地は築地塀に囲まれる
  • 奈良県知事公舎5
    5.
  • 奈良県知事公舎6
    6.
  • 奈良県知事公舎7
    7.
    • 写真5正面玄関
    • 写真6外国の賓客をもてなす場でもあるため門の上には「OFFICIAL RESIDENCE OF THE GOVERNOR」と刻まれる
  • 奈良県知事公舎8
    8.
    • 写真8「知事公舎」の表札。官選時代の第12代奈良県知事である木田川奎彦もしくは第13代の成毛基雄が最初に使用。2007年から知事を務めた荒井正吾が最後の入居者となった


あわせて読みたい





旅と建築ブログ〜tabiken〜

Twitter(@bbbuilding100)では
建物関連情報を幅広く発信中



◆写真の使用条件について
(c)2006-2017 bb-building.net