南海なんば第1ビル

南海なんば第1ビル

PR

南海なんば第1ビルへのアクセスマップ

地図左下のGoogleのロゴをクリックすると大きな地図(または地図アプリ)で表示

最寄り駅【駅出口】からのアクセス

Yahoo!地図情報より

1.恵美須町[1-B東出口](5分) 2.今宮戎[出口](6分) 3.大国町[2](6分)

南海なんば第1ビルのデータ/概要

竣工年:2013年
高さ:12階
延べ床面積:16,838u
建築主:南海電気鉄道
設計:南海辰村建設・大林組
施工:南海辰村建設・大林組
所在地:大阪府大阪市浪速区敷津東2丁目

難波エリアの南端部に位置するオフィスビルで主に南海電鉄の本社として機能する。 2〜3階には大阪府立大学が入居し観光・文化・地域プロデュースの発信拠点「21世紀科学研究機構(観光産業戦略研究所)」を設置した。

街区西側にはZepp Namba (OSAKA)が2012年春にオープン。 緑地帯「グリーンベルト」も整備された。

南海電鉄のオフィスは4階〜11階。 旧本社である南海会館ビルは超高層複合ビルへと再開発される。

南海電気鉄道は明治17年に大阪堺間鉄道として創業。同年11月に阪堺鉄道と改称し、明治18年難波〜大和川間において運輸営業を開始した。 その後、明治36年に難波〜和歌山市間、大正14年に汐見橋〜高野下間、昭和5年に高野下〜高野山間が開通して現在の幹線が完成した。 戦時中の関西急行鉄道と合併して近畿日本鉄道となっていた時期もある。昭和22年に社名を高野山電気鉄道から南海電気鉄道に改めた

  • 南海なんば第1ビル2
    2.
  • 南海なんば第1ビル3
    3.
  • 南海なんば第1ビル4
    4.
    • 写真2なんば住宅博側から見たビル側面。上部には南海電鉄のロゴ。南海難波駅と今宮戎駅の中間地点に立っている
    • 写真3手前がZepp Namba (OSAKA)。右のタワーマンションはなんば グランドマスターズタワー
  • 南海なんば第1ビル5
    5.
  • 南海なんば第1ビル6
    6.
  • 南海なんば第1ビル7
    7.
    • 写真5グリーンベルト
    • 写真6エントランス
  • 南海なんば第1ビル8
    8.
  • 南海なんば第1ビル9
    9.
  • 南海なんば第1ビル10
    10.
    • 写真8なんばパークスより
  • 南海なんば第1ビル11
    11.
    • 写真11完成予想図(南海電鉄の資料より)プロジェクト名称は「NCプロジェクト オフィス棟新築工事」だった





あわせて読みたい








地域別リスト

◆写真の使用条件について
(c)2006-2017 bb-building.net