シャープ本社ビル

シャープ本社ビル

PR

シャープ本社ビルへのアクセスマップ

地図左下のGoogleのロゴをクリックすると大きな地図(または地図アプリ)で表示

最寄り駅【駅出口】からのアクセス

Yahoo!地図情報より

1.西田辺[1](2分) 2.南田辺[出口](7分) 3.鶴ケ丘[西口](8分)

シャープ本社ビルのデータ/概要

竣工年:1956年
高さ:5階
延べ床面積:27,386.30m2
建築主:早川電機工業(現・シャープ)
所在地:大阪府大阪市阿倍野区長池町22番22号

大阪市阿倍野区の西田辺エリアに立地するシャープの本社屋。 数度の増改築を経て現在の姿になった。

シャープは1912年創業。関東大震災で東京の工場が全壊したため1924年に現在地に移転した(当時の社名は早川金属工業研究所)。 シャープペンシルやターンテーブル式電子レンジ、電子計算機などを発明したのち液晶、太陽電池などの分野で国内トップクラスのシェアを握るに至った。

2000年代に入って液晶テレビの「アクオス」の大ヒットなどによりブランド価値が向上。大阪府堺市に数千億円を投じて液晶工場を新設した。 しかしその開発が過剰投資となって経営を圧迫。資産や部門売却により再建を図ったが2016年、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業がシャープを買収する結果となった。

本社ビルおよび敷地(7,370.70m2)はニトリへと売却。シャープは本社機能を堺市に移転した。 しかし、鴻海の傘下となって以降は買い戻しの意向を示し、ニトリと交渉の席をもったが合意には至らなかった。 建物は解体。跡地にはニトリの大型店舗が建設される。なお、向かいのシャープ田辺ビルは買い戻しに成功している。

経営危機が叫ばれる以前、高さ日本一の超高層ビル「あべのハルカス」に移転する計画があったが子会社がオフィスを構えるに留まった。 なお、研究開発拠点は奈良県天理市のシャープ総合開発センターに構えている。

  • シャープ本社ビル2
    2.
  • シャープ本社ビル3
    3.
  • シャープ本社ビル4
    4.
    • 写真2ネームプレート。シャープの経営信条である「誠意と創意」という言葉も刻まれている
    • 写真3南港通りを挟んで向かいに田辺ビルはある
    • 写真41階ロビーにある創業者「早川徳次」像
  • シャープ本社ビル5
    5.
  • シャープ本社ビル6
    6.
  • シャープ本社ビル7
    7.
    • 写真5本社ビル裏側
  • シャープ本社ビル8
    8.
  • シャープ本社ビル9
    9.

Twitterでは更新情報・未公開写真などを掲載

あわせて読みたい





旅と建築ブログ〜tabiken〜



◆写真の使用条件について
(c)2006-2017 bb-building.net