田辺三菱製薬 本社ビル

田辺三菱製薬 本社ビル

PR

田辺三菱製薬 本社ビルへのアクセスマップ

地図左下のGoogleのロゴをクリックすると大きな地図(または地図アプリ)で表示

最寄り駅【駅出口】からのアクセス

Yahoo!地図情報より

淀屋橋[11(市営地下鉄淀屋橋駅)](4分) 北浜(大阪府)[5](5分) 淀屋橋[18(京阪)](6分)

田辺三菱製薬 本社ビルのデータ/概要

竣工年:2015年
高さ:14階
延べ床面積:16,998.41u
建築主:田辺三菱製薬
設計:大林組
施工:大林組
所在地:大阪府大阪市中央区道修町3丁目2-10

田辺三菱製薬が開発した地上14階建て、高さ70mの新本社ビル。道修町の旧社屋跡地に2015年2月6日に完成した。

淀屋橋スクエア(中央区北浜)から本社オフィスを移転。 2階に道修町や同社の歴史を紹介する史料館「田辺三菱製薬ミュージアム」を開設した。 14階には屋上緑化スペースとカフェが設置される。災害対策として免震構造、非常用電源設備を採用した。


1階玄関廻りなどにはレンガが積まれている

田辺三菱製薬(田辺製薬)が薬業の町として知られる道修町に進出したのは1855年。 近隣に本社を構える武田薬品工業、塩野義製薬とともに「道修町御三家」と呼ばれていた時代もあった。 2009年、北浜へ本社移転したことで、道修町のブランド力低下が一時話題となった。

田辺三菱製薬
1678年創業の製薬メーカー。2007年に田辺製薬と三菱ウェルファーマが合併して現在の体制となった。 抗体製剤のレミケードを筆頭に運動失調改善のセレジスト、対高血圧のメインテートなど、主に医療用医薬品を製造販売している。 三菱ケミカルホールディングス傘下。連結売上高は4126億円(2014.3)と国内5位クラス。

  • 田辺三菱製薬 本社ビル2
    2.
  • 田辺三菱製薬 本社ビル3
    3.
  • 田辺三菱製薬 本社ビル4
    4.
    • 写真1立地するのは道修町通りと三休橋筋の交差点角地
    • 写真2完成予想図(田辺三菱製薬の資料より)屋上が緑化されているのがわかる。
    • 写真3低層部
    • 写真4外観の特徴となる半円筒型の柱
  • 田辺三菱製薬 本社ビル5
    5.
  • 田辺三菱製薬 本社ビル6
    6.
  • 田辺三菱製薬 本社ビル7
    7.
    • 写真5三休橋筋側。基壇部にはテラコッタ・タイルが使用される
    • 写真6電線が地中化されている三休橋筋。近くには重要文化財の綿業会館などの近代建築がある
  • 田辺三菱製薬 本社ビル8
    8.
  • 田辺三菱製薬 本社ビル9
    9.
  • 田辺三菱製薬 本社ビル10
    10.
    • 写真9レンガ積み部分のアップ
    • 写真10旧本社ビル(解体)

Twitterでは更新情報・未公開写真などを掲載

あわせて読みたい





旅と建築ブログ〜tabiken〜



◆写真の使用条件について
(c)2006-2017 bb-building.net