御堂筋グランタワー(旧エプソン大阪ビル)

御堂筋グランタワー(旧エプソン大阪ビル)

PR

御堂筋グランタワー(旧エプソン大阪ビル)へのアクセスマップ

地図左下のGoogleのロゴをクリックすると大きな地図(または地図アプリ)で表示

最寄り駅【駅出口】からのアクセス

Yahoo!地図情報より

1. 心斎橋[1] (6分) 2. 本町[12] (6分) 3. 本町[9] (7分)

御堂筋グランタワー(旧エプソン大阪ビル)のデータ/概要

竣工年:1994年
高さ:21階 91.65m
延べ床面積:28,835u
建築主:セイコー
設計:清水建設
施工:清水建設
所在地:大阪府大阪市中央区博労町3-5-1

御堂筋沿いにある高層オフィスビル。 心斎橋と本町の中間付近に立っている。風格ある石貼りの外観でエリアのランドマークのひとつとして機能する。

テナントは勘定奉行で有名なオービックの大阪本社、ジョンソン・エンド・ジョンソン、プルデンシャル生命保険大阪中央支社など多数。最上階には「梅の花」が店舗を構える。

完成当初の名称はセイコー大阪ビル。セイコーエプソンの自社ビルだったが2015年に売却。 名称は御堂筋グランタワーに変更された。 セイコーエプソンは売却後も大阪でのグループ拠点として活用しており支店機能やセイコーエプソンのレーザープリンタ事業の国内設計拠点(LP設計部)が置く。

セイコーエプソン:本社長野県諏訪市。電子機器・情報関連機器メーカーとしてプリンター事業、映像機器事業、ディスプレイ事業、 半導体事業、水晶デバイス事業、精密機器事業などを幅広く展開。源流はセイコーホールディングスだが資本関係は極めて薄く(3%ほど) また売上高、時価総額ともセイコーエプソンが大きく上回っている。連結売上高1兆1,224億円(2009)

  • 御堂筋グランタワー(旧エプソン大阪ビル)2
    2.
  • 御堂筋グランタワー(旧エプソン大阪ビル)3
    3.
  • 御堂筋グランタワー(旧エプソン大阪ビル)4
    4.
    • 写真1御堂筋沿いに建つ
    • 写真3低層部は重厚な石造りになっている
    • 写真4大丸心斎橋店北館屋上より




Twitterでは更新情報や
未公開写真なども掲載しています


あわせて読みたい




◆写真の使用条件について
(c)2006-2017 bb-building.net