大日本住友製薬 旧大阪総合センター

大日本住友製薬 旧大阪総合センター

PR

大日本住友製薬 旧大阪総合センターへのアクセスマップ

地図左下のGoogleのロゴをクリックすると大きな地図(または地図アプリ)で表示

最寄り駅【駅出口】からのアクセス

Yahoo!地図情報より

野田阪神[2](5分) 海老江[2号出口](5分) 野田(阪神線)[出口](7分)

大日本住友製薬 旧大阪総合センターのデータ/概要

延べ床面積:39316.47u(38棟)
所在地:大阪府大阪市福島区海老江1丁目5-51

大阪海老江にあった大日本住友製薬の施設。同社の前身である大阪製薬(大日本製薬)が1898年に設置。 100年以上の長きにわたって製薬工場として活用されていた。

2003年、鈴鹿工場に機能移管後は事務所、研究施設として使用されていた。 2014年9月に閉鎖。跡地27864.43m2は近隣に本社を構える阪神電気鉄道に94億5000万円で売却された。

なお、大日本住友製薬は道修町に大阪本社、吹田市と大阪市此花区、そして神戸市に研究施設がある。

  • 大日本住友製薬 旧大阪総合センター2
    2.
  • 大日本住友製薬 旧大阪総合センター3
    3.
  • 大日本住友製薬 旧大阪総合センター4
    4.
    • 写真12013年撮影。奥に見える高層ビル(阪神星光ビル)のとなりに阪神電鉄本社がある
    • 写真3敷地内にある赤煉瓦造りの記念館
    • 写真4煉瓦壁も残る
  • 大日本住友製薬 旧大阪総合センター5
    5.


あわせて読みたい





旅と建築ブログ〜tabiken〜



◆写真の使用条件について
(c)2006-2017 bb-building.net