旧・塩野義製薬 中央研究所本館

旧・塩野義製薬 中央研究所本館

PR

旧・塩野義製薬 中央研究所本館へのアクセスマップ

地図左下のGoogleのロゴをクリックすると大きな地図(または地図アプリ)で表示

最寄り駅【駅出口】からのアクセス

Yahoo!地図情報より

野田(阪神線)[出口](7分) 野田阪神[2](7分) 海老江[2号出口](8分)

旧・塩野義製薬 中央研究所本館のデータ/概要

竣工年:1961年
高さ:7階
延べ床面積:18378u
建築主:塩野義製薬
設計:坂倉建築研究所(坂倉準三)
施工:竹中工務店
所在地:大阪府大阪市福島区鷺洲5-12-4

大阪市福島区に所在していた塩野義製薬の中核研究施設。 昭和36年、当時の塩野義製薬の資本金と同等の費用をかけた最先端研究所として完成した。

建物は坂倉準三氏の設計。翼を広げた様なコの字型の形状で、道路側先端には施釉された青タイルが貼られている。

長らく塩野義製薬の創薬研究の中枢を担っていたが、2011年に豊中市に新築した医薬研究センターに機能移転。 中央研究所から福島分室に格下げされた後、2014年に閉鎖。跡地は売却され建物も解体される。

敷地面積は約12300m2。もともとは創業家である塩野家が所有しかつては浦江試験所(浦江工場)が置かれていた。

  • 旧・塩野義製薬 中央研究所本館2
    2.
  • 旧・塩野義製薬 中央研究所本館3
    3.
  • 旧・塩野義製薬 中央研究所本館4
    4.
    • 写真4青タイルが美しい
  • 旧・塩野義製薬 中央研究所本館5
    5.
    • 写真5道路向かいにあった大日本住友製薬大阪総合センター。こちらも2014年に閉鎖された。跡地は再開発される見込み





あわせて読みたい








地域別リスト

◆写真の使用条件について
(c)2006-2017 bb-building.net