ホテルロイヤルクラシック大阪

ホテルロイヤルクラシック大阪

PR

ホテルロイヤルクラシック大阪へのアクセスマップ

地図左下のGoogleのロゴをクリックすると大きな地図(または地図アプリ)で表示

最寄り駅【駅出口】からのアクセス

Yahoo!地図情報より

なんば(0分) 大阪難波(1分) 難波(2分)

ホテルロイヤルクラシック大阪のデータ/概要

竣工年:2019年
高さ:19階地下1階 85.85m
延べ床面積:26,490.90u
建築主:ベルコ
設計:隈研吾建築都市設計事務所
施工:鹿島建設
所在地:大阪府大阪市中央区難波4丁目3-25

難波・御堂筋沿いの新歌舞伎座跡地に建設される高層ビル。 150室のホテルを中心に2つのチャペル、5つのバンケット、2レストランなどを備えた複合施設として2019年7月の完成を予定している。 事業主は冠婚葬祭のベルコ。設計は新国立競技場を手がける隈研吾建築都市設計事務所が担当する。

ホテルロイヤルクラシック大阪
解体前の新歌舞伎座

注目すべきは前面下層部の意匠。連続する唐破風屋根が特徴的だった新歌舞伎座の外観が再現される。 同建築は著名建築家の村野藤吾氏の設計で1958年に竣工。 老朽化などを理由に2009年に閉館したが建築的な価値が高いため保存運動も行われてた(劇場は上本町YUFURA(天王寺区)に移転)。 2015年に解体工事が完了した。

ホテルロイヤルクラシック大阪
建設予定地の状況(2015年12月撮影)

建設地は御堂筋に面しており、周辺には高島屋大阪店、マルイなどが立地している。 JR・私鉄各線の難波駅、および道頓堀などの観光地も徒歩圏内にある。

ホテルロイヤルクラシック大阪 フロア構成
【地下1階】ロビー、テナント、機械式駐車場
【1階】エントランスロビー、テナント、カフェ
【2階】レストラン、ラウンジ
【3階】バンケット(1)、バンケット(2)
【4階】事務室
【5階】ウェイティングルーム
【6階】チャペル、フォトスタジオ
【7階】バンケット(3)
【8階】バンケット(4)
【9階】バンケット(5)
【10階】ブライダルサロン
【11階】ホテルラウンジ、ホテルレセプション、レストラン
【12-18階】客室
【19階】チャペル、アトリウム、バーラウンジ、パーティールーム

ベルコ
冠婚葬祭大手。1969年に阪神互助センターとして設立。 近畿地方を中心に結婚式場(ベルクラシック)、葬式場(シティホール)、ウエディングチャペルなどを展開するほか、 ホテルベルクラシックとして宿泊施設も運営している。冠婚葬祭互助会の加入口数は200万口を数える。

  • ホテルロイヤルクラシック大阪2
    2.
  • ホテルロイヤルクラシック大阪3
    3.
  • ホテルロイヤルクラシック大阪4
    4.
    • 写真1完成予想図(ベルコ)
    • 写真2建築計画のお知らせにある御堂筋側の立面図。プロジェクト名称は「ベルコ難波ホテル新築工事」
    • 写真3北側立面図。意匠保存は前面だけになる
    • 写真4敷地面積は2,292.65m2。街区全体での再開発を目指したとされるが、裏手側の一部店舗はそのまま残ることになった





あわせて読みたい





◆写真の使用条件について
(c)2006-2017 bb-building.net