ラマダホテル大阪(旧東洋ホテル)

ラマダホテル大阪(旧東洋ホテル)

PR

ラマダホテル大阪(旧東洋ホテル)へのアクセスマップ

地図左下のGoogleのロゴをクリックすると大きな地図(または地図アプリ)で表示

最寄り駅【駅出口】からのアクセス

Yahoo!地図情報より

1.中津(大阪市営)[1](1分) 2.中津(大阪府・阪急線)[出口1](6分) 3.梅田(阪急線)[フェイスティブコート口](10分)

ラマダホテル大阪(旧東洋ホテル)のデータ/概要

竣工年:1969年
高さ:16階
延べ床面積:32104.28u
建築主:東洋ホテル
設計:大林組
施工:大林組
所在地:大阪府大阪市北区豊崎3-16-19

大阪万博を翌年に控えた1969年に東洋ホテルとして開業。各国の賓客を迎え、ロイヤルホテル(リーガロイヤルホテル)、ホテルプラザと共に大阪のホテル御三家の一角を担っていた。 しかし時代とともに衰退。 2006年にラマダホテル大阪(総客室数548室)にリブランドしたが、結局は2013年に閉館となった。

建物は解体。跡地5000m2弱の今後の利用法は不明だが、タワーマンションが開発される可能性が高い。

  • ラマダホテル大阪(旧東洋ホテル)2
    2.
    • 写真1営業中だった2009年の撮影
    • 写真2閉館後。道路をはさんでタワーマンション「ザ・セントラルマークタワー」(地上37階建て:戸数415)の建設が進んでいる





あわせて読みたい






◆写真の使用条件について
(c)2006-2017 bb-building.net