関空 フェデックス北太平洋地区ハブ

関空 フェデックス北太平洋地区ハブ

PR

関空 フェデックス北太平洋地区ハブへのアクセスマップ

地図左下のGoogleのロゴをクリックすると大きな地図(または地図アプリ)で表示

最寄り駅【駅出口】からのアクセス

Yahoo!地図情報より

関西空港(鉄道)[出口2](42分) 関西空港(鉄道)[出口1](43分) 関西国際空港(47分)

関空 フェデックス北太平洋地区ハブのデータ/概要

竣工年:2014年
延べ床面積:25,000u
建築主:新関西国際空港
所在地:関西国際空港2期空港島

世界最大規模の国際総合航空貨物輸送会社であるフェデラル エクスプレス(フェデックス/FedEX)による 貨物ハブ拠点。2014年春に操業を開始する

北アジアからの荷物を集約、北アメリアへと発送する中継物流拠点となる。北アジアにおけるフェデックスの貨物ハブは 広州白雲国際空港(中国)に次いで2カ所目。仁川国際空港(韓国)などとの誘致競争を勝ち抜いた。

建設場所は関西国際空港2期空港島にある第2ターミナルビルの向かい。 駐機スポットは7。24時間稼働で1時間に9000個の貨物仕分け能力を備える。オープン後は現在の貨物機の就航便数が倍以上となる見込み

フェデラル エクスプレス(フェデックス/FedEX)
1日390万個以上の貨物を扱う航空貨物輸送会社。アメリカ テネシー州メンフィスに本社を構える。 航空機634機を保有。世界220以上の国と地域に進出している。

  • 関空 フェデックス北太平洋地区ハブ2
    2.
  • 関空 フェデックス北太平洋地区ハブ3
    3.
  • 関空 フェデックス北太平洋地区ハブ4
    4.
    • 写真1完成予想図(フェデックスのPRより)
    • 写真3建設工事の様子(2013年11月撮影)
    • 写真4関空A滑走路で離陸準備をするフェデックスの機体





あわせて読みたい





◆写真の使用条件について
(c)2006-2017 bb-building.net