ヤマト関西ゲートウェイターミナル

ヤマト関西ゲートウェイターミナル

PR

ヤマト関西ゲートウェイターミナルへのアクセスマップ

地図左下のGoogleのロゴをクリックすると大きな地図(または地図アプリ)で表示

最寄り駅【駅出口】からのアクセス

Yahoo!地図情報より

茨木[西口](22分) 総持寺[西口](26分) 茨木市[西口1](27分)

ヤマト関西ゲートウェイターミナルのデータ/概要

竣工年:2017年
高さ:6階
延べ床面積:90,486.24u
建築主:大和ハウス工業
設計:フジタ
施工:フジタ
所在地:大阪府茨木市松下町1-1

パナソニック茨木工場跡地に建設されるヤマト運輸の総合物流ターミナル。 ヤマトグループ12社が入居。免震システムや非常用電源を備えた関西圏最大級の施設となる。 2017年11月に稼働開始予定。

立地は名神高速道路茨木IC至近で関西国際空港や大阪国際空港、大阪と神戸の港へのアクセスが容易な場所。 大都市間の多頻度幹線輸送を実現するゲートウェイ(GW)は24時間稼働の最新鋭施設で 既に稼働している関東圏の厚木ゲートウェイに続いて、中部圏のスーパーハブとなる三河ゲートウェイが2016年10月に完成。 関西GWが加わることで宅急便当日配達エリアが更に拡大する。

施設は大和ハウス工業が開発し、ヤマト運輸はそれを賃借して使用する。 総事業費は約500億円。ランプウェイが北側に1つ設置される。パナソニック茨木工場は長年にわたってテレビ製造拠点として活用されたが2012年3月に生産を終了。既存建物の解体工事がすすんでいる。

  • ヤマト関西ゲートウェイターミナル2
    2.
  • ヤマト関西ゲートウェイターミナル3
    3.
  • ヤマト関西ゲートウェイターミナル4
    4.
    • 写真1完成予想図(ヤマト運輸の資料より)
    • 写真22015年2月時点の解体状況
    • 写真4建設地は工場跡地の北半分。当初計画では5階建てで、日建設計が設計を担当する予定だった
  • ヤマト関西ゲートウェイターミナル5
    5.
    • 写真5かつてのパナソニック茨木工場





あわせて読みたい






◆写真の使用条件について
(c)2006-2017 bb-building.net