市立吹田サッカースタジアム(ガンバ大阪の新本拠地)

市立吹田サッカースタジアム(ガンバ大阪の新本拠地)

PR

市立吹田サッカースタジアム(ガンバ大阪の新本拠地)へのアクセスマップ

地図左下のGoogleのロゴをクリックすると大きな地図(または地図アプリ)で表示

最寄り駅【駅出口】からのアクセス

Yahoo!地図情報より

公園東口[出口](12分) 万博記念公園[出口3](16分) 宇野辺[出口3](23分)

市立吹田サッカースタジアム(ガンバ大阪の新本拠地)のデータ/概要

竣工年:2015年
延べ床面積:66,037u
建築主:スタジアム建設募金団体
設計:竹中工務店
施工:竹中工務店
所在地:大阪府吹田市千里万博公園

万博記念公園内に完成したガンバ大阪のホームスタジアム。 トラックフィールドを持たないサッカー専用スタジアムで収容人数は約40,000人。 FIFAの基準をみたしており国際試合にも対応する。こけら落としマッチは2016年2月14日のガンバ大阪vs名古屋グランパス。

市立吹田サッカースタジアム(ガンバ大阪の新本拠地)
完成予想図(スタジアム建設募金団体のHPより)

市立吹田サッカースタジアム(ガンバ大阪の新本拠地)
ピッチが間近にせまるスタンド

「みんなの寄付金でつくる日本初のスタジアム」と銘打って民間団体が140億円の寄付金を募集。 ガンバ大阪のメインスポンサーであるパナソニックグループが80億円以上を寄付するなどしてほぼ全額が集まった。 完成後、スタジアムは吹田市に寄付され、ガンバ大阪が施設を運営する。なお、この10年ほどのガンバ大阪の1試合あたりの観客者数は1万2000人から1万7000人台で推移している

建設地はガンバ大阪のクラブハウスに隣接する万博球技場があった場所。 ほかに高槻市の京大農場跡や、エキスポランド跡地などの候補があった。 2015年、隣接するエキスポランド跡地に大型商業施設「エキスポシティ」が完成している。

  • 市立吹田サッカースタジアム(ガンバ大阪の新本拠地)2
    2.
  • 市立吹田サッカースタジアム(ガンバ大阪の新本拠地)3
    3.
  • 市立吹田サッカースタジアム(ガンバ大阪の新本拠地)4
    4.
    • 写真1エキスポシティから見たスタジアム
    • 写真2広大な駐車場を併設する
    • 写真3建設中の様子(2015年2月撮影)
  • 市立吹田サッカースタジアム(ガンバ大阪の新本拠地)5
    5.
  • 市立吹田サッカースタジアム(ガンバ大阪の新本拠地)6
    6.
    • 写真5ガンバ大阪のクラブハウス
    • 写真6万博球技場(2009年撮影)





あわせて読みたい





◆写真の使用条件について
(c)2006-2017 bb-building.net