海上保安資料館横浜館(工作船展示館)

海上保安資料館横浜館(工作船展示館)

PR

海上保安資料館横浜館(工作船展示館)へのアクセスマップ

地図左下のGoogleのロゴをクリックすると大きな地図(または地図アプリ)で表示

最寄り駅【駅出口】からのアクセス

Yahoo!地図情報より

1.日本大通り[1](13分) 2.馬車道[6](14分) 3.横浜港(14分)

海上保安資料館横浜館(工作船展示館)のデータ/概要

竣工年:2004年
所在地:神奈川県横浜市中区新港1

2001年の九州南西海域工作船事件によって自爆、沈没した北朝鮮の工作船を展示するためのスペース。 大きく損傷した船体、搭載されていたロケットランチャーや機関銃などを間近に見ることが出来る。 見学は無料。内部の撮影は禁止。

  • 海上保安資料館横浜館(工作船展示館)2
    2.
  • 海上保安資料館横浜館(工作船展示館)3
    3.
  • 海上保安資料館横浜館(工作船展示館)4
    4.
    • 写真2船体は何度もスクラップ処分されそうになったという市民の寄付などにより恒久的に保存されることとなった
    • 写真4横浜海上防災基地内にある



あわせて読みたい








shoken

超高層ビルから近現代建築、産業遺産まで色々と撮影しています。Twitterでは建物の写真や再開発情報などを日々発信中。
運営サイト『OSAKAビル景』『TabiKen』『茅葺民家の美



旅と建築ブログ〜TabiKen〜


◆写真の使用条件について
(c)2006-2017 bb-building.net