日本橋アステラス三井ビルディング

日本橋アステラス三井ビルディング

PR

日本橋アステラス三井ビルディングへのアクセスマップ

地図左下のGoogleのロゴをクリックすると大きな地図(または地図アプリ)で表示

最寄り駅【駅出口】からのアクセス

Yahoo!地図情報より

三越前[新日本橋駅5(南側)](2分) 新日本橋[5](2分) 三越前[A6](3分)

日本橋アステラス三井ビルディングのデータ/概要

竣工年:2013年
高さ:17階地下2階
延べ床面積:27746u
建築主:三井不動産、ロータスエステート(アステラス製薬関連会社)
設計:山下設計
施工:鹿島
所在地:東京都中央区日本橋本町2丁目5-1

東京・日本橋本町にあるオフィスビル。三井不動産が主導する日本橋再生計画の一環として開発された。 江戸桜通りと昭和通りの結節点に位置している。

4階から17階のオフィスフロアはアステラス製薬が本社として使用。1階から3階には店舗などが入居している。 アステラス製薬は山之内製薬と藤沢薬品工業が合併して2005年に誕生。 泌尿器、移植分野などを得意としており2015年3月期の売上高は1兆2472億円と武田薬品に次ぐ医薬品国内2位の地位にある。

ビルの高さは87m。BCP対応で、環境評価のLEED-CS ゴールドランクの認証を受けたのは国内オフィスビルで初。 エントランス横には15種類の薬草として使用できる草木を用いた「薬ガーデン」が配されている。 アステラス製薬関連のロータスエステートと三井不動産の共同開発だが、完成後に三井不動産の1社所有になった。

  • 日本橋アステラス三井ビルディング2
    2.
  • 日本橋アステラス三井ビルディング3
    3.
  • 日本橋アステラス三井ビルディング4
    4.
    • 写真3エントランスと薬ガーデン


あわせて読みたい





旅と建築ブログ〜tabiken〜



◆写真の使用条件について
(c)2006-2017 bb-building.net