六本木ティーキューブ

六本木ティーキューブ

PR

六本木ティーキューブへのアクセスマップ

地図左下のGoogleのロゴをクリックすると大きな地図(または地図アプリ)で表示

最寄り駅【駅出口】からのアクセス

Yahoo!地図情報より

1.六本木一丁目[1](2分) 2.溜池山王[13](6分) 3.六本木[6](6分)

六本木ティーキューブのデータ/概要

竣工年:2003年
高さ:27階
延べ床面積:61,807u
建築主:日本サムスン・三井不動産
設計:日本設計
施工:西松建設
所在地:東京都港区六本木3丁目1-1

日本サムスンと三井不動産が共同で開発した高さ138mの超高層複合ビル。 首都高速道路都心環状線と3号渋谷線が接続する谷町ジャンクションを眼下に望む位置に立っている。

5階から20階に設定されているオフィスフロアにはサムスン電子ジャパンが本社を構えるほか、富士ゼロックスなどがテナント入居している。 なお、2012年の組織再編によって分社した日本サムスンは品川グランドセントラルタワーに移転した。

22階〜27階は外国人向けのサービスアパートメント(54室)の「オークウッドレジデンス 六本木ティーキューブ」 68.83m2 (1LDK) で月額約60万円と高額な賃料設定になっている。

北側隣接地にはかつて日本IBM本社ビルが立っており、IBM別館などがあった敷地に六本木ティーキューブが建設された。

  • 六本木ティーキューブ2
    2.
  • 六本木ティーキューブ3
    3.
  • 六本木ティーキューブ4
    4.
    • 写真2世界最大級のIT・家電メーカーであるサムスン電子を中核とするサムスングループ。売上高は約20兆円。日本の主要2社は計6300億円を売り上げている(2012.12)
    • 写真3首都高都心環状線
  • 六本木ティーキューブ5
    5.
    • 写真5上層6フロアがサービスアパートメント


あわせて読みたい





旅と建築ブログ〜tabiken〜

Twitter(@bbbuilding100)では
建物関連情報を幅広く発信中



◆写真の使用条件について
(c)2006-2017 bb-building.net