WATERRAS TOWER(ワテラスタワー)

WATERRAS TOWER(ワテラスタワー)

PR

WATERRAS TOWER(ワテラスタワー)へのアクセスマップ

地図左下のGoogleのロゴをクリックすると大きな地図(または地図アプリ)で表示

最寄り駅【駅出口】からのアクセス

Yahoo!地図情報より

1.新御茶ノ水[B2](3分) 2.御茶ノ水[出口専用臨時改札口](3分) 3.小川町(東京都)[A5](5分)

WATERRAS TOWER(ワテラスタワー)のデータ/概要

竣工年:2013年
高さ:41階
延べ床面積:約129,000u(本体棟+アネックス棟)
建築主:淡路町二丁目西部地区市街地再開発組合(安田不動産・東急不動産・東京建物など)
設計:佐藤総合計画
施工:大成建設
所在地:東京都千代田区神田淡路町2丁目101

オフィスと住宅の超高層複合ビル。JR御茶ノ水駅の南東エリア、旧千代田区立淡路小学校の跡地に2013年完成した。高さは約165m。 地上15階建てのアネックス棟を併設している。

20階〜41階が戸数333戸の賃貸マンション「WATERRAS TOWER RESIDENCE(ワテラス タワーレジデンス)」。 4階〜18階が1フロア面積約700坪のオフィスで核テナントとして印刷インキ世界首位のDICが入居する。

商業ゾーン「WATERRAS MALL(ワテラスモール)」は地下1階から地上3階までの4フロア構成で飲食・物販・サービスの約20店舗が出店した。

街区の名称である「WATERRAS」には 【輪(コミュニティ)を照らす】【ワ(和)+テラス(段丘)】【WATER(水)+TERRA(地球)】の3つの意味がある

  • WATERRAS TOWER(ワテラスタワー)2
    2.
  • WATERRAS TOWER(ワテラスタワー)3
    3.
  • WATERRAS TOWER(ワテラスタワー)4
    4.
    • 写真1右がアネックス棟。事務所・商業施設・学生用住宅を備える
    • 写真2淡路町交差点付近より
    • 写真3前面のオープンスペース
    • 写真4アネックス棟との接続部
  • WATERRAS TOWER(ワテラスタワー)5
    5.
    • 写真5建設中の様子(2011年8月撮影)


あわせて読みたい





旅と建築ブログ〜tabiken〜

Twitter(@bbbuilding100)では
建物関連情報を幅広く発信中



◆写真の使用条件について
(c)2006-2017 bb-building.net