杏林製薬旧本社ビル

杏林製薬旧本社ビル

PR

杏林製薬旧本社ビルへのアクセスマップ

地図左下のGoogleのロゴをクリックすると大きな地図(または地図アプリ)で表示

最寄り駅【駅出口】からのアクセス

Yahoo!地図情報より

1.御茶ノ水[御茶ノ水橋口](5分) 2.御茶ノ水[2](6分) 3.水道橋[JR東口](7分)

杏林製薬旧本社ビルのデータ/概要

竣工年:1965年
高さ:6階
延べ床面積:4078.34u
建築主:杏林製薬
所在地:東京都千代田区神田駿河台2-5-23

神田駿河台にあるオフィスビル。 杏林製薬が1965年に新築した自社ビルで、2008年まで本社として使用。NOF駿河台プラザビルを経て、2013年に御茶ノ水ソラシティに移転した。

その後は医薬品卸売会社である東邦薬品およびその持ち株会社である東邦ホールディングス(本社本店:東京都世田谷区)がお茶の水オフィスとして使用していたが 2014年2月に信濃町オフィスとともに丸の内オフィスに集約移転した。連結売上高1兆1896億円(2014.3)

2014年10月、杏林製薬は土地建物を中央労働金庫に47億1000万円で売却。



あわせて読みたい





旅と建築ブログ〜tabiken〜

Twitter(@bbbuilding100)では
建物関連情報を幅広く発信中



◆写真の使用条件について
(c)2006-2017 bb-building.net