霞が関コモンゲート東館

霞が関コモンゲート東館

PR

霞が関コモンゲート東館へのアクセスマップ

地図左下のGoogleのロゴをクリックすると大きな地図(または地図アプリ)で表示

最寄り駅【駅出口】からのアクセス

Yahoo!地図情報より

1.虎ノ門[5](0分) 2.霞ケ関(東京都)[A13](3分) 3.内幸町[A4](8分)

霞が関コモンゲート東館のデータ/概要

竣工年:2007年
高さ:33階
延べ床面積:132,253u
建築主:霞が関7号館PFI
設計:久米設計・大成建設・新日本製鐵
施工:大成建設・新日本製鐵など
所在地:東京都千代田区霞が関3-2-2

霞が関にある超高層ツインタワーのうちの1棟で中央合同庁舎第7号館東館とも呼ばれている。高さは156.67m。 東館が文部科学省、会計検査院、文化庁が使用する官庁棟なのに対して、西館は官民棟として一般企業も入居する。

霞が関コモンゲートはかつての旧文部省庁舎、会計検査院、国立教育会館、霞山ビルなどを一体的に再開発して誕生した。 旧文部省庁舎は一部保存されている。

  • 霞が関コモンゲート東館2
    2.
  • 霞が関コモンゲート東館3
    3.
  • 霞が関コモンゲート東館4
    4.
    • 写真1手前のレトロ建築は旧文部省庁舎のうちの一部
    • 写真2虎ノ門交差点より


あわせて読みたい





旅と建築ブログ〜tabiken〜

Twitter(@bbbuilding100)では
建物関連情報を幅広く発信中



◆写真の使用条件について
(c)2006-2017 bb-building.net