リーベルホテルから眺めるUSJ、ベイエリア、大阪ビル群が新鮮で圧巻だった

大阪

リーベルホテルは眺望もオススメ。他の7つのオフィシャルホテルとは一味違ったアングルでUSJ、ベイエリア、大阪都心の高層ビル群を一望できます。

 

特に素晴らしい眺めなのが14階屋上テラス。最上階の左右へこんで見える部分がそれ。20室あるラグジュアリーフロアに宿泊した方向けの、特別なスペースです。

ホテル内覧会の第3弾記事は、14階のテラス+客室からの景色と、3階ベイテラスの様子をお届け。

 

USJを眺める

 

この角度からのパーク!とても新鮮です。

 

ザ・フライング・ダイナソー。コースターの絡まり具合が凄くていまだ飛行経路を理解できません。

 

ホグワーツ城は中世ヨーロッパの趣。ラグーンとアミティ・ビレッジが前景にきたおかげで「貿易都市に佇む古城」感が増して見えます。吊り下げられたジョーズもチラッと。夜は魔法をかけたような景色でしょうね。

 


ホグワーツ城、ホグズミード村の煙突群

 

そして、真正面には任天堂マリオエリア「SUPER NINTENDO WORLD」が。
マリオカートがメインアトラクションで、投資金額はハリーポッターの450億円を上回る600億円超だとか。オープンは2020年夏頃が見込まれます。

 


雲はフワフワ動きそう。屋上の旗!

 

街なかを疾走するコースター

 

名物の巨大クリスマスツリーを裏側から

 


他のオフィシャルホテルが立地するのは入場ゲート周辺。少し離れた場所にあるリーベルホテルからの眺望はその点で唯一無二といえるでしょう。

USJのバックヤードが見えちゃうのもマニア垂涎…かな

 

ベイエリアを眺める

 


14階屋上テラスが正面を向けるのはベイエリア側。ソファーで寛ぎながら安治川を渡る風を感じられます。

 


天保山大橋が目の前。港大橋、なみはや大橋なども遠望可。夜は天保山大観覧車の「光のアート」を眺める特等席に。

 


天保山大観覧車 光のアート 完成版 – 大阪の夜景動画チャンネル – YouTube より

 

 

マニアに人気がある北港ジャンクション、天保山ジャンクション。
土砂運搬船が所狭しと並んでいるのも好きな光景

 

夢洲は、大阪・関西万博の会場&カジノリゾートの建設予定地。2025年にはおそらくキラッキラ。JR桜島線の夢洲への延伸が実現すればリーベルホテルさんにも大きな恩恵がありそう。

 

サンタマリア号は1時間ごと、天保山渡船は15~30分ごとに目を楽しませてくれます。

 

 

高層ビル群を眺める

 

東側テラスからは大阪都心の眺めが広がります。

 

梅田エリアはうめきた2期を筆頭に大規模プロジェクトが目白押し。今後、さらなる大変貌を遂げます。アーチ型の安治川水門が特異な存在感を示しますが、こちらは近い将来無くなる予定。

 

 

 

 

弁天町の200m級ビル2本、右には京セラドーム大阪

 

はるか遠方にあべのハルカスも。空気は霞んでましたがさすが300m、すぐ発見することができます。

 

夜景目当てなら平日が断然オススメ。

 

14階の紹介はこれで終わり。ラグジュアリーフロアなんて夢のまた夢…のような(私みたいな)方へ。13階はもう一般客室ばかりなので低価格。また、ホテル周辺は高い建物がないので、低層階でも比較的眺望がきく部屋もあります。


客室フロアの一番下、4階からのパーク側写真。ご参考までに。

 

ベイテラス

 

リーベルホテルはもうひとつ「ベイテラス」という屋外スペースを用意しています。

 


開放感があって心地いい。宿泊者なら誰でも利用可能で、イベントスペース等として貸し出す予定もあるとの事。芝生に寝っ転ぶのもOK

 


水面が近く、船がすぐそばを通るのも水都大阪らしさ。

 

夕日が一日を締めくくってくれました。

 

USJの新ホテルを内覧!リーベルホテルのコラボルームは超kawaii
USJ8棟目のオフィシャルホテルとなるリーベルホテルさんの内覧会にお呼ばれしたのでレポ。第1弾はホテルの顔ともいえる人気キャラクターとのコラボレーションルームを紹介します。 ホテルの正式名はリーベルホテル アット ユニ...

 

リーベルホテル客室内覧記② スイートルームやスペーシャスルームなどなど
リーベルホテル内覧記の第2弾。前回取り上げたコラボレーションルーム以外の客室、スイートルームやスペーシャスルームなどを簡単に紹介します。 ↓第1弾記事 スーペリアツイン・スタンダードツイン ホテルの全760室のうち...