伊万里のレーモンド・ハウスで「人生フルーツ」を味わう

九州・沖縄

邦画が大豊作だった2016年から2017年にかけて『この世界の片隅にと同じくらい心を動かされた作品。それが『人生フルーツです。

日本住宅公団のエースとして活躍した建築家、津幡修一さんと英子さん夫妻の日常を追うドキュメンタリー。スローライフなんて流行りの言葉じゃ括れない「ときをためる暮らし」が綴られます。

↓まずは映画予告編をご覧ください

『人生フルーツ』劇場予告編

孫娘が欲したシルバニアファミリーを自作する。それが修一さん。

“しゅうたん”のために頻繁にジャガイモ料理を作るけど、自身は大の苦手。それが英子さん。

映画終盤、修一さんはひとつの建築にたずさわります。詳細は省きますが、物語のひとつの見せ場。完成した施設を見学するシーンで映画は終わります。

 


その建築「街のサナーレ・メンタルヘルス・ソリューションセンター」があるのは佐賀県伊万里市。焼き物で有名な町ですね。駅から10分ほど自転車を走らせるともう郊外の雰囲気。マンションや工場、田んぼが混ざりあうエリアにお目当ては佇んでいました。

 



ゆるい勾配と深い軒をもった木造の平屋が4棟、畑を囲むように並んでいます。

外から眺めるだけ…の予定だったのですが、やけに人の姿が目につく。
閉じた施設と思っていたら何とカフェ併設!嬉しい誤算!

 



お店の名前はCoeur de Nature(クール・ド・ナチュール)
フランス語で「自然なこころで」といった意味を持つのだそう。早速お邪魔してみます。

 



店に入って第一印象はその明るさ。広々と大きな窓から光が差し込みます。

 


ハイサイドライトからは青空と雲

 


小屋組みがあらわになっていて、2つに割られた丸太が柱を挟み込んでいます。
いわゆるレーモンドスタイルですね。

 


柱を少し内側に立てることで引き込み戸を実現しています。全面開け放しもたぶん可。
こちらもレーモンド流、芯外しです。

 

アントニン・レーモンド(1888~1976)
チェコ生まれの米国人建築家。帝国ホテル建設のためフランク・ロイド・ライトに伴われて来日。レーモンド建築事務所を設立し、40年以上の長きにわたり日本で活躍した。現存する代表作に聖パウロカトリック教会、東京女子大学、群馬音楽センターなどがある。 画像出典:Wikipedia

修一さんはレーモンドの事務所に勤務していたこともあって氏を敬愛。名古屋市郊外の高蔵寺ニュータウンに彼の邸宅兼アトリエに倣った自邸を立てました。街のサナーレは修一さんが望んでいた「2軒目のレーモンド・ハウス」なのです。

 




修一さんにアドバイスを求めた時点で、建物の設計は終わっていたといいます。しかし、提案を受けて大幅にやり直したとのこと。

 


お店のスタッフさんとも少しお話しました。
英子さんも少し前に来店されたとか。お元気との報告を聞けて嬉しい。※訪問は2018年4月

 



敷地にある畑で作物を育てて、収穫・加工し、お店に出す。それぞれに被支援者さんが従事。社会とのゆるい繋がり。

 


のんびりしてたら16時の閉店時間を過ぎてて申し訳なかったのですが、それに気付いたのは店を出たあと。急かされることはありませんでした。つまり、そんな時間が流れているカフェ。

自家用車ならぬ自家用トラクターで乗り付けるお客さんもいて、早くも地元に馴染んでいる様にみえました。

 


まだ幼い庭の木々ですが時を重ねるごとに、大きく丈夫に育っていくことでしょう。何十年か後には雑木林です。修一さん英子さん宅がそうであったように。

 


風が吹けば、枯れ葉が落ちる。
枯れ葉が落ちれば、土が肥える。
土が肥えれば、果実が実る。
こつこつ、ゆっくり。
人生、フルーツ。 ※ナレーション樹木希林

 


Coeur de Nature/クール・ド・ナチュール
営業時間:12:00~16:00
電話番号:0955-25-9795
定休日:日 月 水 祝
所在地:佐賀県伊万里市二里町八谷搦1179〈地図
施設HP facebook