見学レポ。三菱重工の大江時計台航空史料室で学ぶ「風立ちぬ」の時代

北陸・東海

ジブリ映画「風立ちぬ」の主人公、堀越二郎によるゼロ戦設計の舞台となった“名航時計台”。航空機産業の聖地ともいえるその場所に、2020年1月31日「大江時計台航空史料室」が開設されました。

 

名古屋の臨海部、三菱重工大江工場内に時計台は立っています。昭和12年築の4階建てで、かつて3階に「機体設計室」がありました。戦後もオフィスとして使われ続け、2014年までは三菱航空機本社、そしてMRJ(現 三菱スペースジェット)の設計拠点でした。※外観写真は一部2015年撮影

 

今でこそ風景に埋もれますが、竣工当時は非常に目立つ存在だったことでしょう。日米開戦時、屋上にのぼった堀越二郎が港を眺めながら「横綱に挑むようなものだな」と呟いた…そんなエピソードもあります。ちなみに大江工場は現在も航空産業の拠点。ボーイング787の主翼が生産されています。

 

重厚な扉を開けると「第1号航空機発進の地」の碑が迎えてくれます。海軍初の国産制式戦闘機である一〇式艦上戦闘機もここ大江から飛び立ちました。

 

玄関ロビーの様子。両脇に写真が飾られています。

 

一〇式艦上戦闘機

 

建物の過去写真があったので現在と見比べてみます。殆ど同じですね。

 

なお、撮影は玄関ロビーまで。史料室内は完全NGで、スマホですら持ち込みを禁止される徹底ぶり。階段脇のロッカーに預けましょう。2時間の見学時間内は自由に見て回ることが可能で、受付で渡される首掛け式のタブレット端末が、展示の説明を補助してくれます。

 

順路は2階→1階
2階は「事業と組織の変遷」「設計技術」「生産技術」を主テーマに一次史料・所蔵品等を展示。前身である小牧南工場時代の史料室ではYS-11に関する展示などもあったようですが、ココでは大正から終戦頃までに特化しています。

特に興味深かったのは欧米視察記録や外国人技術者を招いての講義録。工業後進国だった日本がいかに世界に伍する航空機技術を獲得するに至ったかを追うことができます。「風立ちぬ」の堀越二郎、本庄季郎らのドイツ・ユンカース社への視察が思い出されますね。

ビジュアル的に楽しめるのは④。一〇式艦上戦闘機から秋水までの36機、1/32スケールで統一された航空機模型がズラリと並びます。タッチパネルを操作すると該当模型が光り、設計図と写真、諸元(最高速、航続力、火器など15項目)が表示される仕掛け。

 

1階展示室はライトが落とされ、壁も床もダークな美術館のような空間。そこに零式艦上戦闘機、秋水の2つの復元機がスポットライトを浴びて照らし出されます。迫力は生で感じてもらうよりありません。

一番の驚きは真後ろからの秋水。近未来の機体かと錯覚するほど滑らかなフォルム。複葉機からスタートしてわずか20年ちょっとであそこまで進化するとは…。

ちなみに吹き抜けになってるので2階から機体を見下ろすこともできます。(もともとはMRJのモックアップが置いてあったスペースなのかも?)

ほかに発動機の金星1型、火星22型、そして戦闘機2機を復元する際、再利用できなかった部材もおいてありました。ヤップ島に放置されていた頃の写真がありましたが、ボロッボロの機体をよくここまで復元したものだと感心します。

あと、建築好きは忘れずトイレに行きましょう。少し古びた廊下を歩けます。ただ、当時の情勢もあってか建物内の装飾はかなり控えめでした。

 

大江工場は空襲で壊滅状態だったのに時計台だけ残っているのが不思議でした。上記のような裏事情だったら面白いですね。戦後は、老朽化による建物取り壊しの話もあったといいます。それらの危機を乗り越え、時計台は新たな時を刻み始めました。

 

大江時計台航空史料室

開室日時 開室日:毎週月曜日、水曜日、金曜日
9時00分~17時00分(最終入室:16時30分)
休室日:毎週火曜日、木曜日の他、名古屋航空宇宙システム製作所の休業日
見学枠 9時00分~11時00分

11時00分~13時00分

13時00分~15時00分

15時00分~17時00分

※各見学枠30名を限度

申し込み 完全事前予約制(1か月前から3日前まで予約可)

専門的な展示のため、見学は高校生以上を対象

見学料 無料
アクセス 駐車場無し。市バス、タクシー推奨。実質最寄りの名鉄大江駅からは徒歩30分程度。
公式HP https://www.mhi.com/jp/expertise/museum/nagoya/

 

 

帰宅後、戦闘機と工場に重点を置いて「風立ちぬ」を鑑賞。クライマックスに飛んだのは零式でなく九六式の試作機だったんですね。その頃、時計台はまだ未完成。出番がないはずです。

「俺たちは20年先の亀を追いかけるアキレスだ」「僕は美しい飛行機を作りたいと思っています」

史料館を経たからこそ、そういったセリフのひとつひとつが味わい深く聞こえました。