大阪の無料渡し船をめぐる8つの船旅紀行

大阪

大阪にある8つの無料渡し船を自転車で一筆書きしてきた記録です。

 

画像出典:大阪市

貧弱な鉄道網から“陸の孤島”などと呼ばれる大正区ですが、渡し船に関してはほぼ独壇場。大阪市内に残る8渡船のうち7つが同区にあります。

今回はJR大正駅を起点に

④ → ⑤ → ⑥ → ⑧ → ⑦ → ③ → ② → ①

の順に回っていきます。

 

 

落合上渡船場

まずは落合上渡船場

岸壁間は100m。一日の平均利用客数は484人(平成29年度)

駅最寄り…といっても自転車で10分弱の距離があります。

 

「そもそも自転車って載せられるの?」

といった不安があるかもしれませんがその点は心配ご無用。8渡船全てOKでどこも自転車客が半数以上を占めています。

 

 

人力離岸!

さぁ船旅のスタートです!

 

船からの見所は2つの水門。特に木津川水門はアーチ型のとても珍しい形です。

 

 

 

…っという間に着岸。乗船時間1分ほど。

 

船はお客を乗せるとすぐ対岸に戻っていきます。

どちらか一方が停留地になっているのが基本で、落合上渡船場では大正区側になります。

 

 

落合下渡船場

5分ほど自転車を走らせ落合下渡船場へ。

岸壁間138m。一日の平均利用客数は393人(平成29年度)

 

船上からはさきほどの落合上渡船場と木津川水門が。左には京セラドーム大阪のモコモコ屋根も見えます。

 

貸切気分

ちなみに船内は8つ全部がこんな感じ。先述したように自転車客が多いので座席はありません。

 

 

こちらも1分ほどの船旅でした。

トプトプした水面がいいですね。ドブ臭さは感じませんでした。

 

渡船場すぐ隣で唸りを上げる重機。

工場地帯らしい風景を楽しめるのも大阪渡船巡りの魅力のひとつ。

 

千本松渡船場

自転車でさらに南下すると次の目印となる“めがね”が見えてきました。

 

前半のハイライト、千本松渡船場

岸壁間230m。一日の平均利用客数は973人(平成29年度)

2つのループを持つ千本松大橋下が航路です。

 

 

美しい~気持ちいい~

川幅が広いので乗船時間もやや長め

 

中山製鋼所船町工場も見えます。

かつては大阪市内最強の工場萌えでした(過去形)

 

 

大正区に帰っていく渡し船をお見送り

 

千本松大橋は徒歩・自転車可なので時間がある方は挑戦しましょう。景色イイですよ!

 

道すがらの北加賀屋は造船の町。

最近はアートが盛り上がっていて、名村造船所跡地では頻繁にイベントが実施されています。

 

木津川渡船場

木津川渡船場には場末感が漂います。

岸壁間は238m。一日の平均利用客数は166人(平成29年度)と8渡船中最少。私もココのみ今回が初乗船でした。

 

運行時間は要注意。1時間1便のみの時間帯もあります(ほか7渡船は昼間でも4便/時間くらいが通常)

 

あれだけ狭かった木津川もここまで来れば河口の雰囲気。比較的大きな船も航行しています。

右下のノッポビルはあべのハルカス。

 

 

今までの船は吹きさらしでしたが初めて窓が入りました。風や波の影響が大きいからかでしょうか。

 

こんな木津川渡船場にもナンバーワンがありました。それが船町側の待合室。

雰囲気、景色とも抜群で、ここなら1時間待つのも苦じゃないかも。

 

新木津川大橋もループ付き。素晴らしい景色が望めますがヘトヘトになります。

 

 

船町渡船場

さて次!

配管のゲートを越えた先は…

 

船町渡船場です。

岸壁間は75mと8渡船中最短。一日の平均利用客数は196人(平成29年度)

「昭和20年代後半から30年代にかけて、川幅が狭いことを利用して対岸まで船を連ね、その上に板を敷いて人や自転車が通行していた」のだとか。

 

 

船上より。さきしまコスモタワーをランドマークとする南港ベイエリアの眺め

 

千歳渡船場

IKEAで20分の昼食休憩後、6つ目の千歳渡船場へ。

岸壁間371m。一日の平均利用客数は578人(平成29年度)

並行する千歳橋も徒歩、自転車通行可ですが渡し船のほうが使い勝手が良いですね。早いし楽!

 

 

船上からのベイエリア橋景色。

2枚目手前はなみはや大橋、奥は港大橋です。

 

甚兵衛渡船場

甚兵衛渡船場は浮世絵にも描かれた由緒ある渡しです。

岸壁間は94mと2番目の短さながら、一日の平均利用客数は1189人(平成29年度)と唯一の4桁台。

朝のラッシュ時には2隻運行になります。

 

 

尻無川水門。市内に3つあるアーチ型防潮水門の2つ目が登場。

向こう側からは水門越しに渡し船を眺めることも可。

 

さすが混雑路線。行きも帰りもギュウギュウです。

船は出港後…

 

川上側に一度大きく船を振って

 

川下側に向きを変え、

 

さらに180度ターンして着岸します。

距離が短いがためのS字航行です。

 

さて、尻無川水門を横目に見がてら港区へと3kmちょっと移動。あと1ヶ所です。

 

天保山渡船場

いよいよ天保山渡船場にやってきました。寄り道をしたらもう夕方…。

岸壁間400mは最長。一日の平均利用客数は790人(平成29年度)

結ぶのは港区の天保山と此花区桜島で、それぞれ観覧車と海遊館、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンに近接しています。

駅チカ渡船場でもあるため観光客人気も高く、外国人比率は間違いなくトップでしょう。

 

船上からの風景も実にドラマチック。

斜張橋と橋脚、大阪都心部の超高層ビル群に観覧車。

運が良ければ大型客船やサンタマリア号にも出会えます。

 

一日の最後を飾るに相応しい渡しでした。大阪市内8渡船を巡る旅はこれにて終了。

 

USJの喧騒が聞こえてくるJR桜島駅でフィニッシュです。

 

移動距離

改めて本日のルートをおさらい。

 

JR大正駅

↓(2.3km)

落合上渡船場

↓(0.7km)

落合下渡船場

↓(1.2km)

千本松渡船場

↓(3.0km)

船町渡船場

↓(1.1km)

千歳渡船場

↓(1.4km)

甚兵衛渡船場

↓(3.4km)

天保山渡船場

↓(0.7km)

JR桜島駅

 

合わせて11.8km。

寄り道なしだったら3時間かからないでしょう。歩きでも無理な距離ではありません。

 

船のワクワク感って独特ですよね。それを気軽かつ無料で味わえる大阪の渡し船。こちらにお越しの際には小さな船旅を是非どうぞ。