【建物ツアー】高島屋東別館の保管庫にはリニューアル前の遺物が眠っていた

近代建築・古建築

 

大規模リニューアルが終わった高島屋東別館の建物見学会に参加。松坂屋として営業していた頃の栄華に触れてきました。

 

ランプで階数を知らせるエレベーター、当時の手すりがそのまま残る階段、文化財級に珍しいというバケットエレベーターなど、通常見られないエリアに興奮しっぱなし。

 

贅を凝らした正面エレベーター。ほかと違ってココの扉は純ホワイトブロンズ製。

 

地下のナナメの壁には真っ白なタイルが貼られています。以前はプリズムガラスを通して地上から自然光を落とし、反射させることで明るさを確保したとか。

 

そんな見学会のハイライトが保管庫

リニューアルに際して、交換せざるをえなかったもの等が大量に置かれていました。

 

 

かつての玄関にも出会えました。「ひく」が懐かしい~

 

ちゃんと保管されてました!

玄関は大きく改造されましたが、元の姿に戻せるよう設計したとの説明も。

 

建物を特徴づけるアール・デコやアカンサスの装飾物

 

「8F和室」なんてものが?!

 

これはエレベーターの文字盤の裏にある装飾ですね

 

まるみが実に優美

 

エレベーターはオーチスの最先端製品を導入したといいます

 

入荷エレベーターの制御盤

 

これらもエレベーター関連かな。

 

燦然と輝く「アイススケートリンク」

かつて屋上で営業してました。

 

当時の様子をいきいきと伝えます。

 

セメント袋もかなりの年代物。磐城セメントはその後、住友セメントに改称。平成6(1994)年に大阪セメントと合併し、今の住友大阪セメントになりました。

 

洗面台まで保管してくれる高島屋さんに感謝!

 

ここに紹介したものは一部。保管庫はまだまだ未整理だそう。将来的には高島屋史料館での展示をと願ってやみません。

 

ジオラマ模型がスゴい!高島屋東別館の史料館に行ってきた
大規模リニューアルを終えた高島屋東別館に行ってきたのですが、高島屋史料館が期待以上の充実度でした。特にジオラマ模型がスゴい! 堺筋沿いにたつ高島屋東別館。昭和初期に松坂屋大阪店として開業した「東洋一の百貨店建築」です。...