高島屋東別館の凸凹チグハグな裏側ウラ話

大阪

 

 


11連のアーチ、テラコッタに覆われたファサード。かつて東洋一と謳われた松坂屋大阪店(現・高島屋東別館)は、百貨店としての役割を終えた後も、いまだ威風堂々堺筋に立ち続けています。

 


でも今回の主役はグルっと回ってその裏側。

 




凸凹でチグハグでボロボロ。壮麗な堺筋側とはまるで対極。

何故こんな摩訶不思議な造形になったのか。社史『松坂屋70年史』を参考に、その答えを探っていきます。

まずは、松坂屋大阪店の歴史から。

●明治8年、ゑびす屋呉服店を買収して大阪進出 ※明治末期に撤退

●大正12年、日本橋3丁目(現在地)に場所を移し、松坂屋大阪店として再出店。当時の店舗は木造3階建て

●昭和3年、本館の南隣に鉄筋コンクリート(RC)造の南館(延べ床4,480㎡)を増築

●昭和9年、本館の北隣にRC造の新館(延べ床20,218㎡)を増築

 


文章だけだと分かりづらいので、昭和9年の新築落成時の写真を1枚お借りします。

小さな木造本館を挟んで新館(左)と南館(右)がそびえます。まだアーチが4つだけなのが面白いですね。屋上ではプールも営業してました。

この3年後の昭和12年、本館をRC造に建て替え、3つの建物を一体化。間口104m、延べ床面積38,400㎡におよぶ“東洋一の百貨店”が完成。おおよそ現在の形になりました。

その歴史をふまえ、あらためて建物裏側を見てみましょう。

 


新館

 


本館

 


南館

完成時期による違いが一目瞭然。

新館のみ外装がタイルが覆われているのがポイントですね。つまりそこだけ工事が完了していたのです。

対して、残り2館は素のまま。百貨店としてありえない姿は、さらなる増築までの一時的の状態…のはずでした。

社史には「地上7階地下3階建て、延べ床面積9,900㎡の規模」の増築にすぐ着手したとありますが、計画は頓挫します。

原因は同じ年に勃発した日中戦争。そこからは戦時体制まっしぐら。地上と地下に1階ずつを増築した時点で工事は中止されました。

 


敷地内で「地上1階建て」はこの部分だけ。本来はこのラインで建物裏側が揃っていたと思われます。

 


Google Mapで見ると増築計画を想像しやすいですね。右から新館、本館、南館です。

 



新館と南館には同じような段々があります。当初から繋げる前提で建設が進められたのは間違いないでしょう。

南館に関しては、開口部の状況などから、もう少しだけ裏側に伸ばす計画だったかもしれません。

さて、お次は建物のその後。戦後から現在です。

幸いにも戦災をほとんど受けなかった松坂屋大阪店は、米軍による接収を経て、営業を再開。

しかし、商業の中心は既に堺筋になく、市電、地下鉄といった交通網から取り残された立地だったこともあり、厳しい営業が続いたようです。裏側の増築計画もストップしたままでした。

さらに「希望がもたれた堺筋線の駅舎」が開設されなかったことが追い打ちとなり、昭和41年ついに閉店。天満橋に店を移しました。

その後、高島屋が建物を取得。東別館と名付けましたが、史料館や事務所用途、一部をテナントに貸し出すだけで、長らく積極的な活用はされませんでした。

そんな状況を変えたのが近年のインバウンド。2018年1月30日、高島屋は300室以上のアパートメントホテルを主用途とするリノベーション計画を発表します。

 


リノベーション後の高島屋東別館(画像:高島屋のプレスリリースより

世界的ブランド「シタディーン」が2019年冬に開業を予定します。

活用は喜ばしい。でも、イメージパースに描かれない裏側の今後が気になる…。

ということで2018年8月、現地を見てきました。

 


足場が組まれ始め、資材搬入のためか、1階の一部が取り壊されていました。

敷地に空きスペースが殆どなく、装飾がある正面、側面はあまりイジれない。

裏側は小綺麗になるだけでなく、車寄せの設置などなど何かしら大きな改造があるかもしれません。

今回の裏側ウラ話。推測を含みますし、謎な点も残ります。ただ、凸凹チグハグがただの手抜きではなく、増築過程を観察できる貴重な(マニア向け)遺産だったことが伝わったかと思います。

 


素敵な裏側よ、サヨウナラ