東洋ゴム工業 旧・研究開発センター(解体)

東洋ゴム工業 旧・研究開発センター(解体)

東洋ゴム工業 旧・研究開発センター(解体) データと概要

竣工年:1961年
高さ:3階
延べ床面積:約5000m2

JR茨木駅東口にあった東洋ゴム工業の研究施設。
1961年に中央研究所として設立された。タイヤ素材などの基礎研究拠点として機能した。

2013年11月、川西市(ベーリンガーインゲルハイムジャパングループ本社・研究所跡地)に機能を移転した。 研究開発センター跡地7986m2は長谷工コーポレーションが43億円で取得。マンションを建設する。
東洋ゴム基盤技術センター

  • 東洋ゴム工業 旧・研究開発センター(解体)2
    2.
    • 写真12013年3月撮影

東洋ゴム工業 旧・研究開発センター(解体)の地図とアクセス

所在地

大阪府茨木市西中条町5-7  建物リスト

最寄り駅【駅出口】からの所要時間

Yahoo!地図情報より

茨木[東口](3分) 茨木市[東口1](17分) 南茨木(大阪モノレール)[出口1](18分)



超高層ビルGallery





◆写真の使用について
掲載情報は現況と異なる場合がありますので最新情報は公式サイト等でご確認下さい
(c)2006-2020 bb-building.net
 Top  Blog  Twitter