USJが第2のテーマパークを建設へ!

候補地は九州、東北、沖縄が有力

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンを運営するユー・エス・ジェイ(大阪市)が大阪に続く2カ所目の新テーマパークを検討しているとの報道がありました。 候補地として東北や九州、沖縄が有力視されていて海外進出も検討中だとか。 そこで、USJの現状と展望を考えてみたいと思います。


※ユニバーサル・スタジオ・ジャパン全景

USJが立地するのは大阪湾岸部。工場やホテルがパークを取り囲み、これ以上の拡張余地がありません。 2014年度にオープンするハリー・ポッターエリアの敷地8ヘクタールは平面駐車場を立体化して建設地を確保。それくらいに逼迫しています。

新たなテーマパークの候補地は関東、関西以外の国内外4、5カ所に絞られているとの報道ですが「都市近郊」でかつ「広大な用地」を確保できるかが決定要素になってくるでしょう。 アジアからの来客を見越して「国際的な空港」を周辺に擁しているか、また「関西からの距離」も重要だと思われます(国内ではやはり福岡か仙台、沖縄あたりでしょうか)


ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド-バックドロップ-はUSJの待ち時間最長を記録した


USJハロウィーンホラーナイトも大人気。秋の恒例イベントとして定着した

大阪USJは近年、入場者が急増しています。一時期800万人前後まで落ち込みましたが「映画の世界」からの脱却を図った戦略が大当たり。 ジェットコースターやスヌーピーのアトラクション、ゾンビイベントが話題を呼び、2013年度の入場者数は開業年度以来の1000万人超が確実視されています。

この勢いは一過性のブームではない印象を受けます。新テーマパーク開設によってユニバーサル・スタジオの存在感、ブランド価値を高め ディズニーの追撃体制を強化するのも狙いの一つでしょう。

前述しましたがUSJは2014年にハリー・ポッターの新エリアをオープンさせます。投資額は過去最高の450億円。期待の高さが伝わってくる数字です。 おそらく年間200万人から300万人の入場者増が見込めるでしょう。

ここからは期待と願望ですが、ひょっとすると更新時期を迎えるUSJ既存アトラクションを閉鎖し、 ハリー・ポッターエリア拡張用地として中長期的なパーク大改造計画が進行するかもしれません。 「アジア地域でのハリー・ポッターエリアはUSJのみ」との取り決めが交わされているので、新テーマパークとの差別化を図るにはありえなくはない戦略かと。 現在建設中のエリアでは"魔法の世界"を体感するには狭すぎます。本家アメリカのユニバーサル・スタジオのようにハリー・ポッター2期エリアの開設が待たれます。

いづれにせよ、新テーマパークがどこに建設されるか、今のUSJがどう変わっていくのか。 これからの動きを注視していきたいと思います。

→ USJのハリー・ポッターエリアの紹介