超高層ビル写真サイト-OSAKAビル景-

難波エリア・御堂筋の空撮!

あべのハルカス空撮に続く大阪空撮シリーズ第2弾です

ヘリコプターはあべのハルカスから北上。なんばパークスにやってきました。 写真中央の茶色のかまぼこ屋根は大相撲春場所などが開催される大阪府立体育会館。 左の超高層ビル群があるのはJR難波駅周辺です。

なんばパークスの屋上庭園は複雑に入り組んだ曲線でデザインされています。 設計者はジョン・ジャーディ。同氏が手がけたキャナルシティ博多も素晴らしい曲線美建築でした。

隣接マンションのザ・なんばタワーレジデンスには屋上庭園に直接繋がる入口があります。 庭のような感覚なのかなぁ。羨ましい。 しかしLABI1なんばの隣接駐車場はもったいないですね。開発計画はあるんでしょうか。

なんばパークスは大阪球場の跡地に完成しました。 こんな都心部に球場があったなんて俄には信じられません。 Wikipediaによると戦前はタバコ工場である大阪地方専売局大阪工場があったようです。

なんばパークスから線路を挟んだ場所に、鉄塔のたつNTT関西ネットワークセンタ浪速ビルが見えます。その隣接する駐車場には かつて日本たばこ産業(旧・日本専売公社)の大阪支店があったんですが、なるほど、そういう事情だったんですね(江角マキコさんが勤務されてました)。

更に左側に見える茶色い建物はかつて「東洋一の百貨店」と呼ばれた高島屋東別館。私がNHK朝ドラ史上最高傑作だと信じてやまない「カーネーション」のロケ地にもなりました。

度重なる増改築によって回遊性を欠いていた南海ターミナルビル。 2003年から始まった8年にもわたる改修工事によって動線などが劇的に改善し、一体性が高まりました。 再生事業が評価されBCS賞、BELCA賞を受賞しています。 今後、西側の南海会館ビル(設計:坂倉準三)が解体され、高さ140m級の超高層ビルに生まれ変わります。

なんばパークスを一周する間に撮ったあべのハルカス。 天王寺公園をはさんで手前には通天閣が見えます。 近鉄の社長があべのハルカスを「平成の通天閣」と表現していましたね。

アメリカ村、堀江上空。少しずつ高層建築が増えてきています。写真左中央に三角公園が見えます。

御堂筋!

美しい並木が続く大阪のアイデンティティ。 黄一色に染まる秋の風景を想像してしまいますね。 心斎橋では海外の高級ブランド店が軒を連ね、ビルの高さが揃えた淀屋橋エリアでは日本生命など大手企業がオフィスを構えます。 右下には歴史的建築である大丸心斎橋店本館が。

この後、ヘリは御堂筋を横目に北上し、中之島エリアへと向かいます。


大阪空撮シリーズ第3弾-中之島・本町・淀屋橋編-

<おまけ>

「大阪ビル景」が発売され半月が経過。
ちょっと恥ずかしいのですが、せっかくの記念なので大阪の本屋を見て回ってきました。 平積みされてたら嬉しいなぁ〜くらいに思っていたのですが…

な、な、なんじゃぁこりゃ〜。
パ、パネル展!?

-紀伊國屋書店本町店-

ランキング入りしてる!!

-ブックファースト淀屋橋店-

エスカレーターに沿ってパネルが…。
そしてエスカレーターの下に特製平台が…。

-ブックファースト梅田店-

ほかにも信じられない光景が連続していました。
ジュンク堂書店さんでも専用コーナーみたいなのを作っていただいていて…(追記:大阪本店では週間売上7位だったとか)。 光村推古書院の編集者さんが「結構並びますよ〜」と言っておられたのですが、これほどとは思いませんでした。 営業さんほか皆さんに感謝です。


大阪ビル景(光村推古書院)

図鑑的要素(解説文・データ・地図)と
写真集的要素(空撮も!)を併せ持つ
大阪のビルガイド本です。