銀座TSビル(銀座東芝ビル)

銀座TSビル(銀座東芝ビル)

PR

銀座TSビル(銀座東芝ビル)へのアクセスマップ

地図左下のGoogleのロゴをクリックすると大きな地図(または地図アプリ)で表示

最寄り駅【駅出口】からのアクセス

Yahoo!地図情報より

1.銀座[C2](1分) 2.日比谷[A1](3分) 3.有楽町[A0(東側)](3分)

銀座TSビル(銀座東芝ビル)のデータ/概要

竣工年:1934年・1966年増築
高さ:9階
延べ床面積:40,415.33u
建築主:共同建物(現・NREG東芝不動産)
設計:佐藤功一建築事務所
施工:清水建設
所在地:東京都中央区銀座5-2-1

銀座数寄屋橋交差点角に立つオフィス・商業の複合ビルで低層階はモザイク銀座阪急(旧・数寄屋橋阪急)が入居していた。

かつては「マツダビルディング」と呼ばれたオフィスビルで、東芝の前身の1社である東京電気が本社を構えていた。 なお“マツダ”とは東京電気が白熱電球のマツダランプをライセンス生産したことに由来しており、自動車メーカーのマツダとの関連はない。 1939年に芝浦製作所と合併し、東京芝浦電気になった後も“マツダ”と印字した標章は使用され続けていた。

1956年、低層階に数寄屋橋阪急が開業。1966年に新橋側に増築。外装もリニューアルして「銀座東芝ビル」に改称した。 2007年に東急不動産が1610億円でビルを取得し、新たな商業ビル「東急プラザ銀座」へと建て替えた。

  • 銀座TSビル(銀座東芝ビル)2
    2.
  • 銀座TSビル(銀座東芝ビル)3
    3.
    • 写真1かつては屋上に「TOSHIBA」の大型看板が設置されていた
    • 写真21995年、ファストファッションのGAPが1、2階に日本1号店を出店。2011年にヒューリック銀座数寄屋橋ビルに移転した
    • 写真3数寄屋橋阪急は2004年にモザイク銀座阪急と改称した


あわせて読みたい





旅と建築ブログ〜tabiken〜



◆写真の使用条件について
(c)2006-2017 bb-building.net