旧・宇治電ビル(解体)

旧・宇治電ビル(解体)

旧・宇治電ビル(解体) データと概要

竣工年:1937年
高さ:8階
延べ床面積:13691.06u
設計:長谷部・竹腰設計事務所
施工:清水建設

戦前に建てられた近代建築。 関西電力の前身で、五大電力のひとつに数えられた宇治川電気の本社ビルとして昭和12年に完成。 一時期は、関西電力の本社としても利用されていた。 外壁の雲、稲妻、女神像のレリーフは「発電」がモチーフとなっている。

2009年に閉鎖。建物は解体され、跡地には13階建て、延べ床面積約2万uのオフィスビルが建設された。

新・宇治電ビルディング

  • 旧・宇治電ビル(解体)2
    2.
  • 旧・宇治電ビル(解体)3
    3.
  • 旧・宇治電ビル(解体)4
    4.
    • 写真2素敵な字体
    • 写真3バルコニー
    • 写真4稲妻と女神像のレリーフ。ビルの両側にある
  • 旧・宇治電ビル(解体)5
    5.
    • 写真5裏手である南側

旧・宇治電ビル(解体)の地図とアクセス

所在地

大阪府大阪市北区西天満4-8-17  建物リスト

最寄り駅【駅出口】からの所要時間

Yahoo!地図情報より

1.北新地[11-41](7分) 2.南森町[1](8分) 3.大江橋[6](8分)



超高層ビルGallery





◆写真の使用について
掲載情報は現況と異なる場合がありますので最新情報は公式サイト等でご確認下さい
(c)2006-2020 bb-building.net
 Top  Blog  Twitter